瞼の手術で失敗しないためにすべきこと

失敗

眼瞼下垂や二重まぶたの手術で失敗するなんて絶対に嫌ですよね。もちろん、どんな技術の優れた医者であっても絶対に失敗しない保証というものはありません。しかし、経験豊富で技術力の高い医者というのは、失敗してもリカバリ、修復できるから安心して任せることができるんです。そんな医者を選ぶためにすべきこと、まぶたの整形、眼瞼下垂の手術で失敗しないためにすべきことをご紹介します。

失敗しないためにすべきこと

眼瞼下垂の手術、まぶたの整形はどれくらいの確率で失敗するんだろうって疑問を持っている方も多いでしょう。実際に失敗しても報告するようなこともありませんので正確な統計ではありませんが、これまで複数のクリニックを見てきた経験から言うと、5、6%程度で修正手術が行われてきたという感触があります。失敗しないためにすべきことをしっかりとやっておけば少しは失敗のリスクを軽減できると思います。

失敗ってどうなるの?

そもそも失敗ってどうなるの。目が閉じられない? 仕上がりがおかしい? 何を失敗と言うんでしょう。患者の立場からすれば、結果に満足できなければ失敗と言うことになるでしょう。でも実は医師が考える失敗と、患者が考える失敗とでは大きく違うものなんです。

美容整形の失敗

修正で治せるもの
修正が難しいもの
あきらめも肝心

失敗しないためにすべきこと

慎重な医者選び

セカンドオピニオン

余裕のあるスケジュール

失敗してしまったら

修正手術を受ける

様子を見る

最後に

関連記事

  1. 眼瞼下垂を放置すると

    眼瞼下垂を放置すると

  2. 片頭痛

    眼瞼下垂の手術でなんで偏頭痛が治るの?

  3. 眼瞼下垂の名医

    眼瞼下垂の名医

  4. 掲載について

    まぶたがたるんで目が小さくなってきた。目を大きく見せる!簡単3ステップ

  5. 瞼の基本構造

    瞼の基本構造

  6. シミュレーション

    シミュレーションはあくまで参考程度にとどめる!