眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂というのは文字通り、眼瞼「まぶた」、下垂「垂れ下がる」という言葉通りのことなのです。実際に眼瞼下垂に陥った時の症状も果たして瞼だけ、見た目だけの症状だけなのでしょうか。ここではそんな眼瞼下垂の症状について詳しくご紹介します。

眼瞼下垂の

Symptoms

瞼が重く感じる、目が開けにくいなどの症状は眼瞼下垂の方に多い症状です。しかし、眼瞼下垂になってしまった際の症状というのは、見た目の問題や瞼の症状だけではありません。偏頭痛や肩こり、不安感などメンタルの部分にも大きく関わっていてさまざまな症状を引き起こしてしまいます。ここでは複雑化する眼瞼下垂の症状についてご紹介します。

眼瞼下垂って

眼瞼下垂の症状を説明する前に、まず眼瞼下垂について復習しておきましょう。
眼瞼下垂とは、瞼がしっかりと持ち上げられない、目がしっかりと開かない瞼の病気です。どうして持ち上げられなくなるかというと、瞼を持ち上げる筋肉と、瞼との接続に緩みができてしまうからなんです。接続に緩みができてしまうと瞼を持ち上げようとどれだけ筋肉が働いても瞼は持ち上がりません。瞼がしっかりと持ち上がらないため代償作用としておでこの筋肉を使って瞼を持ち上げようとしてしまいます。
そのおでこの筋肉を前頭筋と言うのですが、その前頭筋が常に刺激されると過緊張の状態になってしまい自律神経(交感神経)が常に刺激されてしまい偏頭痛や肩こりなどの症状を引き起こしてしまったり、症状を悪化させてしまいます。

どんな症状があるの?

眼瞼下垂の症状には見た目の変化と、瞼の中、体の中に引き起こされてしまういくつもの症状があります。

見た目の変化症状

眼瞼下垂の見た目の症状の変化ですが、目が開けにくくなる、瞼を持ち上げられなくなることで、目が小さくなる。二重瞼の幅が広くなる。眠そうな目元になってしまうなどの症状が現れます。

  • 目が小さくなる
  • 瞼が重く感じる
  • 目が開けずらい
  • 眩しく感じる
  • 上瞼が凹む
  • 二重瞼の幅が広くなる
  • 眠そうな目に見られる

見た目以外の症状

瞼の構造上による影響というのは、主に自律神経系(交感神経)に影響を与える症状です。偏頭痛や肩こり、不安感なども含めメンタルの不調も眼瞼下垂の症状の一つなのです。

眼瞼下垂はそのステージ(初期~後期)によって、患者様の症状へも変化があります。以下へ、そのステージごとの症状をお示しいたします。

初期の眼瞼下垂

加齢による眼瞼下垂では徐々に下がってくるため、自覚症状がないことが非常に多いです。見た目の変化としては、まぶたが下がると同時に二重幅(ふたえはば)が広がることもあります。

中期の眼瞼下垂

まぶたが黒目にかぶさるようになると、上方の視野が狭いという自覚(上の方が見えづらい)やまぶたが重い、開けづらいという自覚症状も出てきます。

見た目の変化としては、以下が挙げられます。

まぶたが黒目にかかる。まぶたの下がりを補うためにおでこの筋肉(前頭筋(ぜんとうきん))を使ってまぶたを上げるようになるため、おでこにシワが寄り、眉毛の位置が上がる。二重の幅がさらに広がる

後期の眼瞼下垂

黒目の中心にまでまぶたがかかるようになると、上方の視野が狭い、まぶたが重い、開けづらいといった自覚を強く感じるようになります。また、おでこの筋肉(前頭筋)を常に使い、まぶたの挙上(上に持ち上げること)をサポートしているため、前頭筋の負担が大きく頭痛や肩こりも出てくることがあります。

見た目の変化としては、以下のような変化がより強くなります。

まぶたが黒目にかかる。まぶたの下がりを補うためにおでこの筋肉(前頭筋)を使ってまぶたを上げるようになるため、おでこにシワが寄り、
眉毛の位置が上がる。二重の幅が広がる
さらに、無意識に顎を上げて物を見るようになり、常に顎を前に出したような姿勢をとります。

関連記事

  1. 埋没式眼瞼下垂

    埋没式眼瞼下垂

  2. 眼瞼下垂の種類

  3. 術後の腫れ

    眼瞼下垂の術後の腫れって? 〜どの程度でどれくらい続くのか〜

  4. 美容整形 眼瞼下垂

    美容としての眼瞼下垂

  5. 眼瞼下垂の原因

    眼瞼下垂の原因

  6. 手術 失敗

    眼瞼下垂の手術の失敗