眉毛下切開

眉毛下切開
まぶたのたるみハリ若返り

まぶたのたるみを一気に引き上げる!
眉毛下切開私は10歳若返る

誰だっていつまでも若いままじゃないことはわかってる。少しでも抗いたい!少しでも若く見られた思いはみんな同じこと。でも思ってるだけじゃ何も変わらない。一歩先行く若さへのミチシルベ。それが私にとっての美容の思い。まずは目元を今よりも10歳若返らせて、新しい自分にかわりたい。そんなあなたにお勧めするのが『眉毛下切開(眉下切開)』による若返りです。

眉毛下

眉毛下切開とは

たるみはじめた、弛んでしまった上まぶたの皮膚を切り取って、今までたるみが嘘のように、まるでたるみが無かったかのように目元を若返らせる。それが眉毛下切開です。手術で弛んだ分の皮膚を取り除きますのでその効果は確実で、しかも面倒なことなく、時間もかからず一瞬にして目元が若返ります。

こんな思いを解消できる!

  • 上瞼のたるみを取りたい
  • 二重の幅を広げたい
  • 若返りたい
  • 目元をスッキリさせたい
  • 瞼を軽く感じたい
  • 目と眉の距離を短くしたいなど

治療内容

Operation

眉毛下切開(眉下切開)の実際の術式というのは、クリニックや医師によっても若干の違いはありますが、基本的な方法は同じです。大きな違いというのは、Roofを切除するか、使用する糸の種類や、たるみが酷い場合に眼輪筋等のリフトアップをどこまでするかなど。
ですので基本的な内容としては同じこと。眉の下を切開し、弛んだ余分な皮膚を切り取って縫い合わせることで目元を若返らせるアイリフト手術です。

実際の治療

実際の眉毛下切開の治療内容についてご紹介します。

まず始めに皮膚を切開する、メスを入れる部分のデザイン、切除する皮膚の範囲のデザインを描きます。実はこのデザインで仕上がりの形、たるみの改善の程度が決まるので非常に重要なポイントです。

局所麻酔

次に麻酔です。切開、切除する部分を中心に広範囲に麻酔の注射を打っていきます。手術で痛みを感じるというのは、この麻酔の注射のことです。麻酔薬が浸透してしまえば手術中に痛みを感じることはありません。

皮膚の切開

デザインで描いた通り、皮膚を切開し、弛んでいる余分な皮膚を切除します。その際、眉毛の脱落を防ぐために毛根を傷つけないよう眉下を丁寧に切開します。

内部の処理

眼輪筋やroof(脂肪組織)を切除するなどの処理を行います。

眼輪筋の固定

眼輪筋を引き上げて固定する場合があります。それぞれの瞼、たるみ状態で固定するかどうかは違ってきます。

皮膚の縫合

左右差、リフトアップ状態を確認し問題なければ傷を縫合し、眉毛下切開を終了します。

ここでご紹介した術式は一般的な眉毛下切開の手法です。あなたの瞼やたるみの状態、複合手術を受ける場合などの場合、工程や処理に違いが生じます。

術後の経過・ダウンタイム

眉毛下切開を受けた直後ってどんな状態なんだろう。痛いのかな?腫れているのかな?さまざまな心配事や不安は尽きることもないでしょう。術後の状態や経過を知っておくことは、術後の過ごし方を考えていく上で非常に大切です。ここでは眉毛下切開を受けた後の経過やダウンタイムについて、実際にどういった経過を辿ることが多いのか、私たちのこれまでの経験を踏まえご紹介致します。

術後の状態と経過

術直後から仕上がりまでのまぶたの状態と経過についてご紹介します。

術直後

術直後の状態は、意外にも普通です。驚くような腫れじゃないので、驚かれる方も多いです。もちろん、麻酔の腫れやRoof処理の時にどこまで刺激したかということで腫れの程度は違ってきますが、それでも大きな腫れは少ないと思います。
眉の直下に見慣れない、縫合している色が無数になるのでそこには驚くでしょう。
酷いたるみの場合、術直後ですでにたるみが解消しているので非常に満足度が高く、術後への期待感が胸膨らませてくれます。痛みもまずありませんが、心配であれば術後に処方される内服薬をすぐに飲んでも良いと思います。

縫合している創部はオープンと言って開放にしているクリニックもありますし、メロリンガーぜなどで保護して帰宅するクリニックもあります。

翌日

翌日、鏡を見てビックリ!昨日はそれほど腫れていなかったのに腫れている!と感じる方が多いです。眉毛下切開の術後の腫れは仕方のないことです。安静にすること、しっかりと冷やすことを医師の指示通りに実践してください。腫れのピークは翌日から3日ほどでそれから少しずつ落ち着いていきます。
創部から少し血が滲むことがありますが少量なら問題ありません。気になる場合はクリニックに連絡し医師の指示を確認しましょう。なお。創部を保護した場合、翌日に取り外します。

7日後

腫れはかなり引いている状態です。糸賀まだ残っていますのでその影響もあり、若干の腫れは続いているでしょう。
眉下の糸は7日で抜糸します。

抜糸の際、皮膚に傷を付けるわけではありませんが、糸を軽く引っ張りますので痛みを感じやすいです。ほんの少しのことですので我慢してください。

14日後

切開した傷部分が少し硬くなることがあります。傷を治す過程で出る症状ですので気にせず待ちましょう。たるみはありませんし、ほぼ仕上がりに近い状態です。
傷に赤みが残っていますが、ファンデーションで隠せますのでご安心下さい。

1ヶ月後

傷も安定し、見た目には仕上がりの状態です。もし、気になる点などがある場合、主治医に相談しましょう。遠慮することはありません。

3ヶ月後

仕上がりの状態です。医師の最終チェックを受け問題がないことを双方で確認することが望ましいです。

ダウンタイム

術後は強い腫れ、場合によっては内出血を引き起こす可能性があります。眉毛下切開の術後のダウンタイムの具体的な内容をご紹介します。

腫れ

術後は基本的に腫れを引き起こします。個人差はありますが腫れてしまった場合は術後3日はしっかりと冷やした方が良いでしょう。
腫れの状況を医師に伝え冷やす方法や期間などを確認しましょう。

内出血

眉毛下切開は比較的内出血を引き起こしやすい手術です。気になるような程度の内出血や腫れがある場合、医師に連絡し、診察の必要の有無等確認しましょう。

痛み

痛みを感じることはまずないです。もし何かしらの痛みがある場合、速やかに主治医に相談して下さい。

傷・傷跡の状態

傷の赤みというのは落ち着くまでに数ヶ月の時間を要します。抜糸の翌日もしくは3日以降からメイクが可能ですのでファンデーションなどで傷を隠しましょう。あとは時間が解決してくれます。

通院について

眉毛下切開を受けた場合の術後の通院の時期、検診の必要性についてご案内します。

翌日消毒・状態確認
眉毛下切開の手術翌日の検診です。傷の消毒や腫れや内出血の状態を確認するための通院です。
医療機関によっては傷口にメロリンガーゼを貼付する場合もありますが、そういった保護材を外してくれます。
7日後抜糸
眉毛下切開の抜糸ですが、術後5〜7日目です。医療機関によっては縫合せず、皮膚接着剤を使うところもありますが、あまりお勧めはしません。
1ヶ月状態確認
術後の経過を観察するために1ヶ月前後に医師の診察を受けます。何もなければ特に処置等はありません。医療機関によってはオンライン診療で対応しているところも増えています。
3ヶ月最終チェック
眉毛下切開の最終チェックです。経過観察・状態確認のために写真を撮影すると思います。ここで終了となりますので、気になるところなどがあれば遠慮なく医師に相談しましょう。

術後の通院については、手術の術後経過や医療機関によって違います。ここでご紹介する内容はあくまで一般的に多い術後の通院です。治療を受けられた医療機関の指示通り通院して下さい。

リスクと問題点

眉毛下切開のリスクと問題点についてご説明します。リスクを知ることは安心して手術を受けることができる経過の一つとして非常に大切です。まずは知ることから始めましょう。

傷の瘢痕化
眉毛下切開の傷跡はほとんどの方で目立つと言うことはありません。しかし、中には瘢痕化して目立ってしまうと言うトラブルも見受けられます。眉毛下切開の傷の治りですが、2週間ごろから少し固く変化してきて、1ヶ月を過ぎる頃には少しずつ柔らかくなり、目立ちにくくなります。切開線は赤みがかったピンク色をしていますが、2、3ヶ月を過ぎることから白っぽく目立たなくなってくるでしょう。
術後の左右差
眉毛下切開の場合、術後の左右差を引き起こすと言うことはほとんどありません。万一、左右差が出てしまった場合は修正手術によって修復することが可能です。
糸の露出
術後、しばらくしてから内部で縫合している糸が露出してくる場合があります。しかし、それは決して異常ではありません。眉毛下切開の場合、一定の方に出現してくるものです。
医療機関によっては、内部の縫合糸にナイロン糸ではなく、PDSなどの吸収糸を使うところもあります。吸収糸の場合、溶けてなくなりますので糸の露出の心配はありません。

料金について

自由診療の場合、料金設定は医療機関で自由に設定できます。そのため安価なところから高いところまであります。安く済むほうが良いと考える方も多いのですが、現実はそんなに甘くありません。安いと思ってカウンセリングに行ったら、最終的な料金提示は平均だった、思った以上に高額だったということが多いんです。ホームページの費用はあくまで参考程度、実際にはカウンセリングに行って明確になるものなのです。

眉毛下切開の相場

眉毛下切開の治療費用ですが、30〜40万円という価格設定が圧倒的に多いです。私たちも経験上、30〜40万円という価格設定が妥当な価格だと考えています。

眉毛下切開法の料金相場:30〜40万円※別途消費税

料金相場の30〜40万円というのは、オプション等を含めた費用の総額です。また、初診料や血液検査の費用等は別途かかるとお考えください。

料金設定で注意すべきこと

実は料金トラブルというのは少なくありません。オプション費用の加算だけではなく、キャンセル費用等も皆さんが考えている以上に高額なものです。クリニックによってはキャンセル費用とは別に手術を申し込むだけでも内金として、返金されない費用もあります。

被害を最小限に抑えるには、細かなことでも確認するということです。手術費用には、内服や術後の検診も含まれているのか、万一、再手術になった場合の料金なども具体的に確認しておきましょう。

最後に

眉毛下切開は瞼のたるみを取る方法として、非常に優れた治療法です。
最近ではたるみを取ることを目的にするのではなく、roofと呼ばれる脂肪を取って目元をスッキリとさせる目的で、眉毛下切開を受ける方も増えています。もちろん、求める美しさ、なりたい自分への想いは人それぞれ違います。大切なのは、情報に流されないこと、医師の言うことを鵜呑みにしなと言うこと。もちろん、医師は美容のスペシャリストです。しかし、中には経験未熟な医師もいると言うことを知っておきましょう。
美容整形で失敗しないポイントはセカンドオピニオンです。複数の医師の意見を聞いた上で治療法や治療を受けるかどうかを判断すると言うことを忘れないでください。

さまざまなご

Q&A

ここでは眉毛下切開に関するさまざまな疑問、質問に美容の専門家が詳しくご紹介しています。眉毛下切開を受けたいと考えている方、眉毛下切開を受けたけれど状態含め不安に思っている方は是非参考にして下さい。

仕上がりが不自然になりませんか?
眉毛下切開の仕上がりですが、弛んでしまった皮膚だけを切除して引き上げるだけですので仕上がりはすごく自然です。
傷跡が心配です。眉毛の下って目立つと思うんですが。
確かに眉の直下を切ると考えると傷跡が目立ってしまう印象を持つ方も多いのですが、眉の下は傷跡の治りもよく傷跡が目立ちにくいというのが特徴の一つです。
術後の腫れはどの程度腫れて、どれくらい続くものですか?
術後の腫れは個人差がありますが、長期化するようなものではありません。手術の翌日〜2、3日が腫れのピークでその後少しずつ落ち着いてきます。
痛みが心配です。激しい痛みなんですか?
術後の痛みが出てしまうということはほとんどありません。また、内服も処方されますので痛みに対する心配は不要です。
効果がないってことはありませんか?
弛んでしまった皮膚を切除しますので、効果は十分に認められますし実感することができます。

関連記事

  1. 眉毛下・料金トラブル

    眉毛下切開って実際いくらかかるの?

  2. 眉毛下切開で失敗しない・後悔しないためにやるべきこと!