先天性眼瞼下垂とは

先天性眼瞼下垂

先天性眼瞼

先天性眼瞼下垂とは

先天性眼瞼下垂とは、生まれつき瞼を十分に持ち上げられないため、目をしっかりと開くことができません。真っ直ぐ前を見た時に上瞼が黒目に被さっている状態なので上側の視野も妨げられ、多くの場合、物を見るとき見えにくさを補うために、おでこの筋肉を使い眉毛を挙げて目を開けようとしたり、顎(あご)を挙げて視野を確保しようとする癖がついてしまうこともあります。

上まぶたが十分に開かない状態は、視力の発達に悪影響をおよぼす可能性があります。
目の開きが悪いと光が入らないため弱視になったり、斜視をともなったりする場合がありますので、症状によってはできるだけ早期の治療が求められることがあります。

先天性眼瞼下垂の原因

先天性眼瞼下垂の主な原因は瞼を持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)や神経の発達異常で、多くは片眼性(片側だけ)です。
ほとんどの場合、視機能を障害することはありませんので、急いで手術をする必要はありませんが、稀に弱視・斜視の原因となる場合がありますので、状態によっては早期に手術をお勧めする場合があります。あくまでお子様の状態で専門医が判断します。そのため早期に病院を受診し、適切な診察と医師の診断を受けられることをおすすめします。

関連記事

  1. 麻酔

    瞼の手術における麻酔方法

  2. 眼瞼下垂

    本当に眼瞼下垂の手術って必要なの?

  3. 眼瞼下垂の名医

    眼瞼下垂の名医・おすすめクリニック

  4. 目が小さくなってきた

    まぶたがたるんで目が小さくなってきた。目を大きく見せる!4つのメソッド

  5. シミュレーション

    シミュレーションは上手に活用しよう!

  6. 眼瞼下垂を放置すると

    眼瞼下垂を放置すると