腱膜性眼瞼下垂

腱膜性眼瞼下垂

性眼瞼下垂

腱膜性眼瞼下垂とは

腱膜性眼瞼下垂とは、瞼の中にある瞼板と挙筋腱膜との接続が緩んでしまったり、外れてしまったことによって、瞼を十分に持ち上げることができず、目をしっかりと開くことができない状態を言います。腱膜性眼瞼下垂は、先天性眼瞼下垂とは違い筋肉の動きには問題がなく、筋肉と瞼との接続に緩みなどが出てしまうことで引き起こされる眼瞼下垂で、後天性眼瞼下垂の一つです。

腱膜性眼瞼下垂の症状

腱膜性眼瞼下垂の症状ですが、目が開けにくく、瞼が重く感じるだけではありません。

  • 目が開けずらい
  • 目が小さくなった
  • 目つきが悪くなった
  • 慢性的な偏頭痛・肩こり
  • 目の奥が痛む
  • おでこのシワが深くなった
  • 瞼が重く感じる
  • 眠そうな目に見られる
  • 二重の幅が広くなった
  • 上まぶたが凹む
  • まぶしく感じる
  • 睡眠障害・自律神経失調など

このように腱膜性眼瞼下垂にはさまざまな症状が認められています。また、これら以外にも自律神経系に影響するさまざまな症状を引き起こします。

原因とメカニズム

腱膜性眼瞼下垂にはいくつかの原因があり、日常の何気ない生活習慣からくるものもあります。

腱膜性眼瞼下垂

腱膜性眼瞼下垂の原因

腱膜性眼瞼下垂の原因は、瞼の中の瞼板と挙筋腱膜との接続が緩んでしまったり、外れてしまうこともあれば、挙筋腱膜そのものが伸びて弛んでしまうことです。それによって今までと同じように目を開けようとしても瞼がしっかりと持ち上がらず、さまざまな症状を引き起こしてしまいます。

  • 瞼板と挙筋腱膜の接続が外れる
  • 瞼板と挙筋腱膜の接続が緩む
  • 挙筋腱膜が伸びてしまう

瞼板と挙筋腱膜の接続を緩めてしまう、剥がしてしまうのは、特別なことではありません。コンタクトレンズ(ハードタイプ)の長期使用、目を擦る癖、マスカラやアイメイクなど濃いメイクを落とす際に擦ってしまうことなど普段の生活の動作で簡単に引き起こしてしまうのです。

眼瞼下垂が症状を引き起こすメカニズム

原因のところでお話しした、瞼板と挙筋腱膜との接続に緩みが出るとどうしてさまざまな症状を引き起こすのでしょうか。まずそのメカニズムについてご説明します。

瞼を持ち上げる筋肉と瞼板との間には挙筋腱膜とミューラー筋と呼ばれる筋肉があり、挙筋腱膜は表面側に、ミューラー筋は結膜側にあります。腱膜性眼瞼下垂を引き起こし、挙筋腱膜が伸びてしまうと、もう片側のミューラー筋に負荷がかかってしまいます。ミューラー筋は交感神経支配の筋肉なので、ミューラー筋が常に刺激され過緊張の状態に陥り、自律神経系のさまざまな症状を引き起こしてしまいます。

老化によるもの

老化によっても腱膜性眼瞼下垂を引き起こしたり、悪化させてしまいます。当然。加齢によって瞼の皮膚は伸びますし、同時に挙筋腱膜も伸びてしまいます。

腱膜性眼瞼下垂の治療法

腱膜性眼瞼下垂は手術以外に治す方法はありません。

挙筋前転法

挙筋前転法は腱膜性眼瞼下垂の代表的な手術法です。
まぶたの皮膚を切開し、眼窩隔膜を露出させます。露出した眼窩隔膜を横に切開し、瞼板側の断片を少し引き出して瞼板に固定させる方法です。眼瞼挙筋は繊維組織なので直接固定することはせず、代わりに眼窩隔膜と呼ばれる薄い比較的丈夫な組織を固定します。眼窩隔膜と挙筋腱膜はしっかりとくっついているため、挙筋腱膜を固定するのと同じ効果を出すことができるためです。
挙筋前転法についてもっと詳しい内容は下記のリンクをご参照下さい。

埋没式眼瞼下垂

表面の皮膚を切開せず、瞼の裏側からアプローチし、埋没法と同じように挙筋腱膜と瞼板とを糸で固定する方法です。
こちらも瞼の引き上がりは改善できますが、腱膜性眼瞼下垂の根本的な治療ではありませんし、症状の緩和についてもまだ明確に解明されている訳ではありません。しかし、術後の腫れや傷跡などダウンタイムがネックで本来の治療が受けられない場合などは埋没式眼瞼下垂の手術がお勧めです。
あくまで根本的な治療は「挙筋前転法」であるとお考えください。

リスクと合併症

腱膜性眼瞼下垂の手術におけるリスク、術後の合併症についてご紹介します。

手術に伴うリスク

手術に伴うリスクとしては、術後の腫れや内出血、目が閉じないことによるドライアイもリスクの一つでしょう。

術後の腫れ・内出血

術後は大きな腫れが3、4日程度出現し、その後、少しずつ腫れが落ち着いてきます。眼瞼下垂の手術の場合、腫れの程度は個人差がありますが、誰でも腫れてしまうものです。心配になってしまいますが、腫れは時間の経過で必ず落ち着きます。頑張って待ちましょう。
気になるからと言って瞼を触ったりする行為は絶対に避けましょう。無理に炎症を長引かせて晴れが長期化してしまう可能性があります。

左右の目の大きさが違う

左右の目の大きさの違いですが、目を開けるときの筋肉の癖などによっても左右差が出てしまうことがあります。その場合、慣れるまでに時間はかかりますが、しばらくしたら落ち着きます。しばらくしても変わらない場合は、修正手術が必要です。

傷跡が目立つ

眼瞼下垂に手術は新たに作られる二重まぶたの折り返し部分に傷が残ります。皮膚の谷折り部分になるため傷が目立つということは少ないのですが、稀に傷跡が広がってしまったり、ギザギザのラインで不自然という場合もあります。その場合、傷跡修正の手術が必要になるでしょう。

合併症の種類

眼瞼下垂の術後合併症についてご紹介します。

ドライアイ

眼瞼下垂の手術でおそらく一番多いのがドライアイです。瞼の開きが良くなったのと裏腹に一時的に閉じなくなる、閉じにくくなります。その結果、ドライアイを引き起こしたり、もともとドライアイ傾向にある人などは症状が悪化してしまいます。
クリニックで点眼薬が処方されると思いますので指示通り点眼をしましょう。

瘢痕形成

術後2週間以降で傷周辺が硬く変化することがあります。基本的には一時的なものですが、内部で不自然な癒着を引き起こしてしまった場合などは引き攣った感じのところが出てくる場合があります。

不自然な仕上がり

眼瞼下垂の場合、引き上げすぎによる過矯正は一定の頻度起こっています。その場合、固定位置を調整しないと治ることはありません。基本的には再手術が必要になります。

合併症の予防と対策

術後の合併症の予防・対策ですが自分自身にできることというのは、医師に指示をしっかり守るということです。術後は炎症を早く抑えるために冷やしたりすることが推奨されています。その指示通り、自身がしっかりと対処するしかありません。また運動や入浴なども同じです。基本的には1、2週間運動が禁止です。入浴についても晴れが落ち着くまではシャワーだけを推奨するところが多いと思います。
そう言った術後のケアは医師の指示をよくご確認下さい。

予防とセルフケア

眼瞼下垂って予防できるのか、これ以上悪化させないために普段の生活で気を付けるポイントなどをご紹介します。

予防策

腱膜性眼瞼下垂は自分の力で治すことはできませんが、予防したり、今よりも悪化を遅らせることはできます。それは瞼を大切にすると言うこと。例えば、目を擦らない、過剰なアイメイクは控える。アイプチなどの利用は避けるなどさまざまな方法があります。
また、コンタクトを使用している方などはソフトタイプの今宅に変更し、コンタクトの装着時には瞼を引き上げたりする動作を避けるなどの注意が必要です。

また、眼瞼下垂の手術を受けると言うことも10年、20年先の予防とも言えるでしょう。なぜなら、今比較的軽い眼瞼下垂だったとすると、この先、改善することは絶対にありません。加齢によって確実に悪化するだけです。症状が悪化する前に眼瞼下垂の手術を受けておくと言うことも悪化させない予防法の一つだと考えます。

生活習慣の見直し

生活習慣の見直しとしてはスマホやパソコンの長時間の使用を控えたり、目を酷使するような作業は控えると言うことも予防効果には優れています。
また、まぶた・まぶた周辺のマッサージは基本的には厳禁です。マッサージによって挙筋腱膜が弛んだり剥がれてしまう可能性は否定できません。

医師・クリニックの選び方

眼瞼下垂の手術を失敗せずに成功させるにはやはり医師の力です。医師の選び方には慎重にしましょう。

信頼できる医師の探し方

風邪やちょっとした内科的な病気であればご近所の医療機関で一先ず済ませると思いますが、眼瞼下垂の手術となるとそうはいきませんよね。探す方法としては基本的にはインターネットです。色々と検索してクリニック情報を集めることから始めましょう。その際注意して欲しいのはインスタなどのSNSです。まず、間違いなく広告だと思ってみるようにしたほうが良いでしょう。正直言って画像を加工してそれをアップする暇、医師にあるとは到底思えません。

そこで確認すべきこと、それは、1)医師の経歴、2)専門医の取得、3)クリニックの専門性、この3つに注意してみて下さい。

良いクリニックの特徴

何を根拠に良いクリニックというのか、まずそこが難しいところなのですが、やはり医師の人間性を重視することだと思います。技術力、誠意ある医師というのは、カウンセリング等は雑になるはずもありませんし、質問などにも誠意を持って対応してくれます。口コミ評価等も参考にするなとは言いませんが、さまざまな口コミサイトの評価というのは、あくまで広告です。良い書き込みをしてもらったり上位表示させるよう業者に依頼すればどうにかなるものです。その情報を鵜呑みにするというのは大変危険です。
大切なのはあなた自身の目です。自分自身でカウンセリング、診察に行って医師を評価すること、医師との相性を確認することが良いクリニックを見つける一番の近道です。

  • 医師がカウンセリングを行う
  • 治療方法などの説明がわかりやすい
  • 質問にしっかりと応えてくれる
  • 医師としての経験が長く・豊富
  • スタッフの対応が良いなど

実際にクリニックにカウンセリングに行くとわかるのですが、態度が横柄であったり、威圧的な医師というのは未だにいます。また質問に対しはぐらかしたり、明確に応えてくれない優柔不断な医師にも出会います。
セカンドオピニオンとして複数の医師の意見を聞くことは絶対にお勧めですから、面倒でも通って納得のいくクリニックを見つけましょう。

初回相談のポイント

初めての診察って誰だって緊張しますよね。でも、一度に済ませようとするんじゃなく、数回に分けてカウンセリングに行くイメージで考えておいたほうが良いでしょう。相性の良し悪しもありますし、クリニックは沢山あります。眼瞼下垂の手術は急いで治療する必要なんてありませんから。

  • 質問はまとめておく
  • 希望する仕上がりを明確に伝える
  • 絶対に手術を申し込まない
  • シミュレーションはコピーをもらうなど

よくある質問

FAQ

腱膜性眼瞼下垂に関するさまざまな疑問にお応えします。

腱膜性眼瞼下垂って何ですか?
腱膜性眼瞼下垂とは、簡単に言うと瞼を持ち上げる筋肉が緩んでしまったり、筋肉と瞼の接続が剥がれてしまって目をしっかりと開けることができない病気のことです。瞼を持ち上げることができなくなったため、代わりにおでこの筋肉を使って目を開けようとしてしまうためおでこのシワが深くなったりもします。
また、瞼をしっかりと持ち上げられないため、目が小さくなってしまう方もお見えになります。
どんな症状が現れますか?
瞼を持ち上げられなくなると、目が小さくなったり、おでこのシワが深くなったりします。また、腱膜性眼瞼下垂の場合、瞼を持ち上げる筋肉の一つ”ミューラー筋”に負荷がかかってしまいうことによって、自律神経系に関するさまざまな症状を引き起こしてしまいます。慢性的な偏頭痛や肩こりなどもそれらの症状の一つです。
腱膜性眼瞼下垂の主な原因って何ですか?
腱膜性眼瞼下垂の主な原因ですが、挙筋腱膜と瞼板との接続に緩みが出てしまうことです。目を擦る動作、加齢による変化がより悪化させてしまいます。
治療法にはどのようなものがありますか?
根本的な治療は手術しかありません。テープやシールなどで瞼を持ち上げやすくすると症状は緩和しますが、何も解決はできていません。目薬などで眼瞼下垂を治せるというネット広告を見かけますが、目薬で挙筋腱膜と瞼板の接続が解消することはあり得ませんのでご注意ください。
手術のリスクや合併症はありますか?
そうですね。外科手術ですのでリスクや合併症があります。
リスクとしては術後にひき起こる大きな腫れや内出血、目の左右差などがあり、合併症としては目が一時的に閉じにくくなるためドライアイを引き起こします。
腱膜性眼瞼下垂は予防できますか?
基本的に予防するということは難しいです。なぜなら眼瞼下垂は加齢によって引き起こすこともあるからです。しかし、普段の生活で中で注意すれば予防することができることもあります。それは瞼を大切にするということ。擦らない、刺激しないということです。マスカラやエクステなど瞼に直接負担のかかるものから、洗顔で擦ってしまい負担をかけてしまうものまであります。瞼はすごく繊細なパーツです。ちょっとしたことで挙筋腱膜と瞼板との接続が剥がれてしまう可能性は否定できません。普段から十分注意する必要があります。

関連記事

  1. メリット・デメリット

    眼瞼下垂の手術のメリット・デメリット

  2. 眼瞼下垂手術 傷跡

    眼瞼下垂の手術の傷跡ってどうなるの?

  3. 眼瞼下垂の種類

  4. 眼瞼下垂の原因

    眼瞼下垂の原因

  5. 手術 失敗

    眼瞼下垂の手術の失敗

  6. 偽性眼瞼下垂

    偽性眼瞼下垂