眼瞼下垂のチェック方法

眼瞼下垂のチェック方法

ここでは、自宅で簡単に眼瞼下垂の有無をチェックする方法を紹介します。眼瞼下垂は、見た目に大きな影響を及ぼすだけでなく、日常生活にも支障を起こしかねない安易に考えてはいけない状態ですので、ご自身で自覚することと適切な対処が重要です。セルフチェックを通じて、自身の状態を確認し、必要に応じて医師の診察を受けることでより豊かな社会生活を送ることができるようになって頂ければ当サイトの存在意義もあると思います。チェック方法や結果について詳しく説明しますので、ぜひご覧ください。

眼瞼下垂のセルフチェック

視界が狭くなったり、まぶたが重く感じたりする場合、眼瞼下垂の可能性があります。それだけではなく、眼瞼下垂にはさまざまな症状や悩みがあるんです。ここでは簡単な眼瞼下垂のセルフチェックや眼瞼下垂になりやすい人のタイプをご紹介していきます。

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは、瞼がしっかりと持ち上がらず、瞼の皮膚が目に垂れ下がり覆い被さってくる状態、症状のことを言います。その程度はさまざまで黒目の中心部の瞳孔部分まで皮膚が被さってしまう重度の眼瞼下垂から、少し皮膚が垂れ下がっている軽度の眼瞼下垂までさまざまあります。
また、眼瞼下垂になると瞼が垂れ下がってしまう見た目の問題だけではなく、偏頭痛や肩こり、自律神経の異常などさまざまな症状を引き起こしてしまいます。

眼瞼下垂の主な症状・状態

瞼がしっかりと持ち上げられない状態、眼瞼下垂になると下記のような症状を引き起こします。

  • 目が開けづらい、開けるのにおでこを使っている
  • 上側の視野が狭くなったような気がする
  • 眼精疲労がひどくなる
  • 偏頭痛・肩こりが酷い
  • まぶたが重くなった気がする
  • 目つきが悪くなった、眠そうなどといわれる
  • まぶたの形が変化し、くぼみが目立つようになった
  • まぶたが三重や四重になってきた
  • 目と眉の間隔が広がってきた など

このような症状が現れた場合は眼瞼下垂を疑った方が良いでしょう。

眼瞼下垂のチェック!

まずはあなたが眼瞼下垂かどうかチェックしませんか!

眼瞼下垂問診票

  • 目を開けにくいと感じる
  • 眉と瞼の間が凹んでいる
  • 眠そうな目と言われる
  • 瞼が重いと感じる
  • 目の奥が痛くなることがある
  • 眉間のシワが増えた・深い
  • 偏頭痛・肩こりが酷い
  • コンタクトを長期使用している
  • 以前に比べ目が小さくなった
  • 目と眉の距離が離れている
  • 目を酷使することが多い
  • 最近、目がよく疲れる
  • 老けて見られやすい
  • おでこのシワが深くなった
  • 目をこする癖がある
  • PC・スマホを長時間使う

いったいいくつ当てはまりましたか?
上記の症状のほとんどが眼瞼下垂の症状、初期症状です。気になる方はクリニックで医師の診察を受けてみませんか。以下のリンクでは眼瞼下垂の診断・治療ができるクリニックをご紹介しています。まずは医師に相談することから始めましょう。

眼瞼下垂セルフチェック

先ほど眼瞼下垂の問診票で該当する項目が多ければ多いほど眼瞼下垂が進行している可能性が高いです。
次は実際の瞼の状態をチェックしましょう。

『鏡』の前で

1目を軽く閉じ、顔を正面に向ける
2眉の上を指で軽く押さえる
3軽く抑えたまま目を開ける
眼瞼下垂のセルフチェック

その際、目が開けにくかったり、自然とおでこに力が入っている感覚があれば眼瞼下垂の可能性が極めて高いと考えて良いでしょう。

眼瞼下垂になりやすいタイプ

眼瞼下垂の主な原因は加齢ですが、それ以外にも眼瞼下垂を誘発する原因があります。眼瞼下垂になりやすい人によくある特徴をまとめました。

1.目をこする癖がある人
目をこするのは、まぶたに強い刺激を与えます。目をこする癖があると、それだけまぶたにダメージを及ぼすため、眼瞼下垂になりやすいです。花粉症など、アレルギーで目がかゆくなる人は要注意です。
2.ハードコンタクトレンズを装着している人
コンタクトレンズの出し入れは、思った以上にまぶたに影響を与えます。薄いソフトコンタクトレンズであればそれほど影響はないといわれていますが、厚いハードコンタクトレンズを使用している人や、コンタクトレンズの出し入れを乱暴に行う人は、眼瞼下垂になりやすい傾向があります。
3.アイメイクをゴシゴシとこすって落とす習慣がある人
まぶたの皮膚は非常に薄いので、アイメイクをゴシゴシとこすって落とす習慣がある人や、まつげエクステの付け外しで負担がかかっている人は要注意です。女性にとっては欠かせないメイクですが、できるだけまぶたに負担をかけないよう、丁寧なケアを心がけましょう。

なぜセルフチェックが重要なのか?
眼瞼下垂は、見た目や日常生活に影響を与える可能性がある状態です。セルフチェックを行うことで、早期に問題を発見し、適切な対処法を見つけることができます。

どのようにチェックすればよいか?
ここでは、簡単な方法を提供し、自宅で眼瞼下垂をチェックするための手順を説明します。鏡を使ったり、特定の動作を行ったりすることで、自己診断を行う方法を紹介します。

セルフチェックの結果の解釈方法
チェックの結果に基づいて、眼瞼下垂の可能性の有無を評価しましょう。症状の程度や日常生活への影響を考慮しながら、適切な行動を決定するためのポイントを紹介します。

セルフチェックの注意点
セルフチェックは専門的な診断や治療の代替ではありません。正確な診断と治療のためには、医師の診察が必要です。セルフチェックを行う際の注意事項や限界についても解説します

関連記事

  1. 手術の種類

    眼瞼下垂の治療法

  2. 眼瞼下垂の種類

  3. メリット・デメリット

    眼瞼下垂の手術のメリット・デメリット

  4. 埋没式眼瞼下垂

    埋没式眼瞼下垂

  5. 眼瞼下垂と片頭痛

    眼瞼下垂と片頭痛

  6. 眼瞼下垂じゃないのに眼瞼下垂の手術を受けるって!?美容目的の手術を正しく理解する