眼瞼下垂

美容整形 眼瞼下垂

美容整形としての眼下垂手術

こんな方におすすめ

  • 黒目を大きくしたい
  • 目を大きくしたい
  • 華やかな目元にしたい
  • 瞼のたるみを取りたい
  • 目力がほしい
  • パッチリ二重にしたい
  • 眠そうな目を治したい
  • 目元を若返らせたいなど

美容を目的とした眼瞼下垂は、疾患としての眼瞼下垂の手術とも違いますし、これまでの二重まぶたの整形とも大きく違います。あなたが希望するさまざまな要望に対応できる、お応えできるのが大きなポイントです。

従来の二重瞼手術との違い

眼瞼下垂の手術はこれまでの二重まぶたの手術とは大きな違いがあります。それは筋肉を操作して瞼の動きを調整できるということ。
二重まぶたの整形手術というのは、切開法でも埋没法でも瞼の皮膚を操作し、調整することによって二重まぶたを作り出してきました。しかし、腱膜性眼瞼下垂の手術はさらに筋肉の動きを操作するという工程が加わりました。
それによって瞼の開き具合をさらに引き上げることができるため、表情や表現力が備わり、目力を強くすることができるようになったんです。
これまでの二重まぶたの整形手術とは大きく違いますから、あなたがなりたかった仕上がりをより忠実に再現できるメリットがあります。

キレイになれる

これまでの二重の整形とは違って、瞼の開きを少しアップさせることで、黒目の露出が増えるため、カラコンと同じ効果で目がパッチリと大きくさせることができます。
カラコンを使っている人などは眼瞼下垂の手術によってさらに目元が映えるでしょう。
また、目元の表現力も変化するため今までとは違う美しさを手に入れることができます。

見た目が若返る

眼瞼下垂の手術は、単なるたるみ取りとは違います。これまでのたるみ取り(眉毛下切開、上眼瞼切開など)はあくまで皮膚のたるみを取流ことで、目元を若返らせてきました。しかし、弛むのは皮膚だけじゃありません。瞼を持ち上げる筋肉だって同じように弛んでいるもの。眼瞼下垂に手術はその筋肉も同時に引き上げて、より目元の若返りを自然に表現することができるんです。

健康・症状の緩和

美容による眼瞼下垂は、美しさや若返り効果だけじゃありません。挙筋腱膜と瞼板との接続を調整することで生理的で自然な若返りができます。その結果、ミューラー筋への刺激が改善するため偏頭痛や肩こり、さまざまな自律神経系の症状までも改善・緩和させることができるんです。

手術について

美容としての眼瞼下垂の手術(挙筋前転法)についてご説明します。

手術(挙筋前転法)の内容

  1. 希望している仕上がりに合わせたデザインを瞼に描きます。
  2. 局所麻酔を瞼全体に注射します。
  3. 皮膚を切開し、余分な皮膚は切除して取り除きます。必要に応じて眼輪筋も切除します。
    眼輪筋下と瞼板上を剥がします。
  4. 眼窩脂肪を覆っている眼窩隔膜が出てきますので、眼窩隔膜を横に切開します。
  5. 眼窩脂肪が多い場合、眼窩脂肪を適量取り除いたり、目の開きに影響を与えている靭帯(横走靱帯)を切開して解除します。横走靭帯の解除だけで目が開けやすくなる方が多いです。
  6. 挙筋腱膜を前転させ、下方向に引き出して瞼板に直接固定します。固定箇所は状態によって違いますが、2〜3箇所でしっかりと固定します。
    本固定の前に仮固定し、座った状態で目の形や開き具合を確認します。(クリニックによっては確認しないところもありますので事前に術ちゅうに確認できるか聞いておきましょう。)
  7. 問題がなければ二重を作るために眼輪筋と前転させた挙筋腱膜の断片を縫合します。(この方法も医師によって違ってきます。
  8. 最後に切開した皮膚を縫合して挙筋前転法の手術は終わりです。

術後の状態・注意事項

術後の状態、回復までの経過についてご紹介します。

腫れ

通常、1ヶ月程度で“他人が見ても気づかない”程度に落ち着く。
腱膜性眼瞼下垂の術後の腫れですが、手術の当日に腫れのピークを迎えるのではなく、腫れのピークは2、3日後、かなり大きく腫れると考えておいた方が良いでしょう。もちろん、医師の技術の影響も否定はできませんが、体質・個人差の問題が大きいとお考えください。
1週間後の抜糸の時にはある程度、腫れは落ち着きますが、それでも不自然な腫れの状態です。2週間後で概ね7、8割の腫れは引きます。
1ヶ月過ぎれば、人が見てもおかしい、不自然な目ということはないでしょう。

内出血

内出血ですが、切開する以上誰でもそのリスク、可能性はあります。また、血圧の変動によっても内出血のリスクは違いますのであくまで個人差が大きいものと考えましょう。内出血は吸収されるまでに腫れほど時間のかかるものではありません。一般的には程度にもよりますが4、5日程度で吸収され、目立ちにくくなります。
内出血で注意しないといけないのが「血腫」です。血腫は相当時間がかかります。ですので状況によっては、縫合している糸を外して血の塊を取る処置が必要になることもあります。術後強い痛み、持続性のある痛みがある場合は主治医と相談して下さい。

ドライアイ

眼瞼下垂の術後に起こしやすいのがドライアイです。腫れなどの影響もあり、瞼が閉じにくくなりドライアイ傾向に傾きます。しっかりと処方された点眼薬でケアしましょう。

瞼が閉じない

目が閉じないのは、腫れの影響もあります。腫れが引いていても閉じない場合は過矯正の可能性もあるので医師の診察を受けましょう。

経過とダウンタイム

挙筋前転法の術後の状態、経過についてご説明します。

翌日

かなり腫れています。多くの場合、内出血も出ていると思います。腫れや内出血は時間の経過で落ち着きますので心配は不要です。
痛みはほとんど感じることはないでしょう。処方された内服をしっかりと飲んで下さい。
万一、痛み止めが効かないような場合は何かしらの問題が出ている可能性があります。主治医に相談しましょう。

手術から3日目

まだ強い腫れはありますが、前日よりは少し落ち着いてきているはず。瞼が重く感じるのは腫れの影響ですので焦らず待ちましょう。外出する際などはサングラスを使用し、外部からの刺激を少なくして下さい。運動はダメですが、腫れを気にしないのであれば少しずつ外出しても問題ないです。

手術から7日目

腫れはピーク時に比べ大幅に少なくなっています。7日後に抜糸をします。抜糸するだけでも腫れは引きやすくなります。クリニックによっても違いますが、翌日からメイクは可能です。

手術から2週間

軽い腫れが残っていることがあります。しかし、大半は仕上がりの形に近いものです。
傷の部分が少し硬くなってきますが、時間の経過で落ち着いてきます。

手術から1ヶ月

形は仕上がりと考えて良いでしょう。傷跡についてはピンク色っぽい状態として残っています。日焼けしないように注意しましょう。今のこの段階で形や二重瞼の幅に満足がいかない場合は医師とよく相談して下さい。一般的にはこの先、幅や形が変わる時期ではありません。

手術から3ヶ月

傷跡も落ち着き仕上がりの状態です。ただし、傷の治りには個人差もあり、少しピンクがかった状態がさらに数ヶ月続くという方もいますが、二重瞼、目の大きさについて仕上がりの状態です。

リスクと問題点

眼瞼下垂の手術におけるリスクと問題点を説明します。

左右差

眼瞼下垂の術後のリスクとして比較的多いのが左右差です。左右差と言っても2通りの原因、問題があります。

開き具合の左右差

開き具合の左右差が出てしまうことがあります。それは目を開ける時の癖で、まだ慣れていないと左右差が出てしまうことがあります。その場合は、慣れるまで待てば均等になってきます。問題となるのは固定のズレです。手術で眼窩隔膜と瞼板とを固定するのですが、そこに左右差があると目を開けた時に左右差が出てしまいます。この場合は修正手術以外に方法はありません。

二重の幅の左右差

開き具合が同じでも、二重の幅に左右差がある場合は、皮膚を調整しなければいけませんので、こちらも修正手術が必要になります。しかし、眼瞼下垂のように筋肉を操作する訳ではありませんので、ダウンタイムも短く済むでしょう。

不自然な仕上がり

自然に仕上がると思っていたのになんか不自然になってしまったというトラブルがあります。その頻度は決して多くはありませんが、一定数の方に見られますのでご紹介します。

ギョロッとしてしまう

ギョロッとした目になってしまったという原因は2つ。一つは、手術によって目を開く動作が楽になったことで、普段通り目を開けているつもりが、過剰に見開いてギョロっとしてしまう。もう一つは過矯正によって大きく見開いてしまうということです。前者の癖であれば慣れてくると自然に落ち着きます。後者の過矯正の場合は、基本的には再手術で固定している位置を調整する必要が出てくると思います。

二重のラインがおかしい

二重瞼のラインが途中で途切れていたり、途中から出ていたり、場合によっては内側だけテント様に少し吊り上がっているなどの症状が見られることがあります。

目が閉じない

基本的なことですが、眼瞼下垂の手術は目を開けることを優先した手術です。開けることを優先すると、逆に閉じる方には問題が起こる可能性はあります。大切なのは、どこで妥協点を見つけるかということ。とにかく開けることを優先なんてことをしてしまうと、本当に閉じません。目を開ける最大の距離と、その状態で閉じた場合の開き具合を細かく調整し、安全でより目を大きくすることができるギリギリのラインをしっかりと見つけることが大切です。目が開くようになったけど、閉じなくてドライアイになり角膜損傷などと言った問題を引き起こしてしまっては眼瞼下垂の手術を受ける意味はありません。

効果が少ない

効果が少ないというのは、筋肉と瞼板との固定位置が正しくない場合がほとんど。基本的には再手術が必要になります。

傷跡が汚い・目立つ

眼瞼下垂の手術痕の状態というのは一般的には薄く目立たない程度にまで落ち着くものです。しかし、縫合が雑でずれていたり、切開のデザインがおかしいと傷跡が汚く残ってしまうことがあります。
傷跡は傷跡形成術と言って傷(瘢痕)部分を切除してキレイに整えることは可能ですのであまり心配はないと思います。

について

Price

美容整形目的の眼瞼下垂手術は保険が使えませんので全て自費診療の扱いになります。その費用はクリニックによってさまざまで幅が広く安いところから高額なところまであるので何が良いのかわからないですよね。本音を言えば安いところというのは誰だって魅力があるでしょう。でも安いってやっぱり不安ということも本音。ここでは眼瞼下垂の手術費用で注意すること、料金の相場についてご案内します。

料金の相場

眼瞼下垂の料金相場ですが、50〜60万円程度です。少し前までは40〜50万円でしたが、インバウンド等の影響もあってか手術費用が少し変化してきています。

眼瞼下垂の費用相場:500,000600,000

自由診療の場合、一般的には手術費用に術後検診、や内服、再手術の保証等も含まれています。上記価格にオプション等を付加すればさらに高額な治療費となってしまうこともありますのでご注意を。

料金で注意すること

手術費用で注意しなければいけないのが、手術費用以外にかかる料金のこと。カウンセリングや検査の料金だけじゃなく、オプションで加算される費用や手術をキャンセルする場合の料金などいくつかあります。手術を申し込む前にしっかりと確認しておきましょう。

  • 提示された価格は相場か否か
  • オプション等の斡旋の有無
  • キャンセル・申込費用 など

提示された価格は相場か否か

手術ですので状態や希望する内容に応じて価格が変わることがあります。提示された金額が相場価格から逸脱していないか、適正価格なのか、他と比べどうなのかということを判断する必要があります。

オプション等の斡旋の有無

少し前までは手術にオプション設定というものはほとんどありませんでしたが、価格吊り上げを目的としているのか、不明瞭なオプションも存在します。提示された場合、そのオプションが本当に必要なのか、それが妥当なものなのか確認しましょう。

キャンセル・申込費用 など

治療費用のトラブルで意外に多いのが、キャンセル費用です。キャンセル費用は皆さんが思っている以上に高額です。面白いことにクリニック側はキャンセル費用については細かく丁寧に説明してくれます。説明用紙ももらっているはずです。内容をしっかりと確認しておきましょう。

クリニックのび方

Choice

眼瞼下垂の手術は皮膚処理だけじゃない。筋肉の操作も入ることで動きが出るため二重まぶたの手術と比べ格段に難易度が高くなります。そのため医者の技術・経験で仕上がりの自然さやダウンタイムにも大きな影響を与えてしまう。大切なのはクリニック、医師の選び方。失敗しないためにも広告や口コミ、SNSに惑わされないようにしましょう。

選ぶべきクリニック

実際、美容クリニックを選ぼうと思ったら、クリニックの数に驚かれるでしょう。本当にたくさんありますからね。多すぎてどこが良いのか、何を基準に選べばいいのかわからない、という方がほとんどでしょう。選ぶのは本当に大変です。普段はなかなか知ることが難しい、クリニック側の事情を踏まえた情報も紹介しますのでぜひ参考にして下さい。

⚫︎専門医のいるクリニック

専門医だからと言って技術が高いということではありません。しかし、一定の経験や実績を評価する指標としては専門医の取得の有無は参考にして良いでしょう。美容外科の専門医には2つあり、どちらの専門医でも構いません。大切なのは専門医を取得できる経験があるということです。

⚫︎治療費用が相場価格

治療費用に安い高いは必ずあります。安いところが悪いということではありませんが、高い技術力の必要な手術を安売りするとは到底思えません。その安さには何かしらの意味があると考えましょう。逆に高いのも同じです。何にでも言えることですが、適正価格というものは必ずあるんです。

⚫︎治療の説明がしっかりしている

治療の説明がわかりにくかったり適当なカウンセリングじゃ眼瞼下垂の手術だって上手くはいきません。カウンセリングの時の治療説明は適切か、リスクや問題点、他の治療法の選択の有無等細かく説明してくれるクリニックであれば安心して眼瞼下垂の手術を任せることができます。

⚫︎些細な疑問にも丁寧に応えてくれる

患者は心配なことだらけです。だから神経質になるのは当たり前。どんな些細な質問にも丁寧に応えてくれるかどうかは、術後のトラブルの際の対処がしっかりとしてくれるかどうかにも関わってきます。気になるところを医師も気遣ってくれる、そんなクリニックで眼瞼下垂の手術は受けたいですね。

⚫︎保証内容が充実している

ホームページ等で保証内容充実という文面を見かけますが、充実という言葉はいいかげんなもの。大事なのは具体的な内容です。完全に無償で修正できるのかなどを細かく確認する必要があります。その保証内容が充実していればそのクリニックは安心ポイントは高いです。

⚫︎症例数が多い

医師にとって大切なのはセンスです。その次に必要なのは実績、治療の症例数が技術を高めますし、さまざまな状況に応じて適切な判断をしてくれます。クリニックにあるモニターさんの症例写真等が症例数の一定の評価はできると思います。

⚫︎スタッフ自身が治療を受けている

そのクリニックのスタッフの方が実際に眼瞼下垂の手術を受けている場合、信頼度も高くなります。クリニックのスタッフは少なくとも医師の技術を知っている訳ですから、そこで受けているということは信頼あるという一つのポイントにもなりますね。
眼瞼下垂の手術はヒアルロン酸やボトックスなどと違って、万一失敗しても元に戻せるわけではありませんからね。仮に社割で安くできるからといっても信頼がなければ受けることは無いでしょう。

⚫︎医師との相性が良い

医師との相性ってあまり重視されない気がするんですが、実際にはすごく大切なことだと思います。相性が良いということは医師に対し信頼を持てるということですし、クリニック内のスタッフとの連携も良いと思いますので相性を重視することは大切です。
それになんでも話せる、相談できるというのは術後のケアにもすごくメリットですし、些細なこともで聞ける環境というのはすごく大切です。

注意すべきクリニック

デメリットやリスク、修正手術が必要になった場合の対処や流れなどの説明をせず、メリットや手術を受けましょうと斡旋・誘導するようなクリニックは要注意です。勘違いしてはいけないのが、医師は患者の状態や要望に合わせて最適な治療法を提示をしますが、治療を受けるか否か、治療の決定権は患者側にあります。クリニック側が矯正したり、過度な斡旋をするものではありません。美容的な眼瞼下垂なら尚更です。

料金についても気をつけましょう。安価なところもあれば高額なところもあります。高額だからといって技術が高いということはありません。もちろん、技術力に優れた医師が安く治療を請け負うということも考えにくいです。適正価格があるということは理解しておきましょう。

さまざまなご

Q&A

美容整形としての眼瞼下垂手術や術後の状態、仕上がりに関するさまざまな疑問や質問にお答えします。

美容目的の眼瞼下垂手術ってなに?
美容目的の眼瞼下垂の手術というのは、目を大きくするための整形手術です。これまでの二重まぶたの整形というのは、瞼の皮膚を切ったり、糸で固定することで一重瞼を二重瞼にしたり、二重瞼の幅を少し広げるなどあなたの希望する仕上がりに仕上げます。
しかし、眼瞼下垂の手術というのは、皮膚だけを調整するのではありません。瞼の筋肉を調整して、目を大きく開くことができるように調整することができます。これは皮膚だけを治療するこれまでの二重瞼の手術とは全く違います。瞼の開きを大きく広げることで、大きな目元に変えることができるのです。
自分の希望通りの仕上がりになりますか?その場合、カウンセリングで注意することありますか?
当然、医師はあなたの要望に応えるよう全力で手術をしてくれます。気にされているようにその結果を大きく左右するのがカウンセリングです。カウンセリングで気をつけることは、あなたの要望を正確に伝えること。それとどこかで妥協することも必要です。正確に伝えることは理解できると思います。あなたがどうなりたいかということを正確に伝えられなければ医師もその仕上がりにすることはできません。なのであなたの希望・要望は遠慮することなく正確に伝えましょう。
妥協することも必要というのは、今のあなたの目元の状態が希望する仕上がりには当然できないという場合もあるんです。その場合、どこまで可能かということを打ち合わせし、ある程度のところ、できる許容範囲のところでとどめると言うことも必要なんです。無理に手術すると負担がかかり、仕上がりが不自然になるどころか何かしらの障害を引き起こしてしまうリスクもあります。しっかりとよく話し合いましょう。
少しの切開で眼瞼下垂の手術ができるって聞きました。本当にそんな方法あるんですか?
ありますね。瞼の中心部分を1センチ弱切開し、表側から挙筋腱膜を前転させ開きやすさを解消させ、しっかりと開くようになった状態で埋没法を行うという手法です。その手法は以前からいくつかのクリニックで行われてきましたが、良い点もあれば悪い点もあります。傷が目立たない、ダウンタイムが本当に短いというメリットはあります。
しかし、その方法の場合、弛んだ皮膚や余分な組織を取り除けませんので、厚みのある瞼のタイプの場合、不自然というか、やはり通常の切開・切除できる眼瞼下垂の方が自然で美しい仕上がりにできると思います。
失敗が本当に怖いです。失敗するってどれくらいの確率であるんですか?
確かに失敗するのは嫌ですよね。失敗はどれくらいの確率で起きるのかというデータはありませんが、これまでの経験上美容整形としての眼瞼下垂手術の修正は5〜6%です。(形成外科・美容外科専門医取得・16〜20年の実績のある医師3名)修正が直ちに失敗とは言えませんが、その程度の確率です。当然修正後は満足のいく結果に落ち着いていました。
目の形にこだわった整形がしたいです。どうすれば良いですか?
眼瞼下垂の手術であれば皮膚を調整したり、瞼の開き具合を調整することができますから、二重瞼に対しかなり自由な仕上がりを求めることができます。ただし、希望する内容によっては目頭切開、目尻切開といった別の方法を組み合わせる必要が出てくることもあります。あくまであなたがどんな仕上がりを希望するのかということで治療プランは変わってきます。
大切なのはセカンドオピニオンです。複数の医師の意見を聞いて、治療プランを検討すればトラブル等を引き起こすことなくあなたの希望する二重瞼にすることができるでしょう。
傷が残るのは嫌。瞼の裏側からの手術と皮膚を切るのとでは仕上がりにどんな違いがありますか?
皮膚を切る方法と、結膜側、皮膚を傷つけない方法との違いということですが、その仕上がりは全く違ってきます。皮膚を切るということは、余分な皮膚や組織まで全て取り除いて適切な位置で二重まぶたの幅、形を調整することができますので皮膚の厚さまで調整することができます。
しかし、瞼の裏側からの方法の場合、皮膚の切除はできませんから、瞼の開きだけを良くするだけです。厚みのある瞼の場合はそのまま厚みがあるままか、逆に少し厚みが出てしまう可能性は否定できません。また、皮膚のたるみについても改善させることはできません。
瞼の開きが良くなると皮膚はいある以上に弛んできますから、瞼の開きをよくすると皮膚の垂れ下がりは必ず悪化します。それを解消させるために埋没法などで皮膚を調整する必要があります。