目を開けやすくする方法

目を開けやすくする方法

年々少しずつ目が開けにくくなっていませんか? 開けにくいって症状がなくても鏡を見て下さい。そこでチェックするのは目の大きさとおでこのシワの2点。加齢によって目が開けにくくなるサインがその2つなんです。知らず知らずのうちに目が開けにくくなっていたなんて嫌ですよね。目はやっぱり開けやすくて大きな瞳が一番。ここでは目を開けやすくする方法についてご紹介致します。

目を開けやすくする方法

目を開けやすくする方法をご紹介する前に、どうして目が開けにくくなるのか。その原因についてご紹介します。もちろん、加齢による変化もありますが、それ以外にも開けにくくなる理由があるんです。

目が開けにくくなる原因

目が開けにくくなる原因、加齢によるたるみと誰もが想像するでしょう。もちろん、加齢によってたるみが生じ目が開けにくくなるのは事実です。しかし、加齢によるたるみだけではありません。スマホやパソコンなどの長時間に使用によって目を酷使したり、普段使っているコンタクトレンズなども目を開けにくくしてしまっているのです。

原因加齢による変化ハードコンタクト濃い目のアイメイク瞼直接のマッサージ目を擦るなどの癖 etc

ハードコンタクト
ハードコンタクトレンズの装着時に瞼を広げたりすることによって、瞼板と挙筋腱膜との接続に緩みが生じてしまい目が開けにくくなることが指摘されています。
濃い目アイメイク
アイメイクそのものに問題があるわけではありませんが、クレンジング等でメイクを落とす際に瞼に負担になりやすく、いつも濃い目のアイメイクでしっかりとアイメイクを落とすような行為を繰り返していると瞼が開けにくくなってしまいます。
マッサージ等
瞼そのものをマッサージしたり、目を擦る癖などのある人は要注意。外的刺激によって瞼内部の瞼板と挙筋腱膜との接続を緩ませてしまうことになるんです。

瞼が開けにくくなるというのは、加齢だけではなく、これら日常生活における行為によって瞼の開きを悪化させ、目を開けにくくしてしまうのです。

目を開けやすくする方法

目を開けやすくる方法ですが、根本的な解決はやはり治療ということになります。ここでは一般的な手術挙筋前転法」についてご紹介します。手術までは抵抗がある方、手術を希望されない方などはまずは予防するということ。これ以上、悪化させないという努力も必要です。

手術で目を開けやすくする

目を開けやすくする治療・手術をご紹介しましょう。
目を開けやすくする手術それは挙筋前転法と呼ばれる方法です。
瞼が開けにくくなる原因、瞼板と挙筋腱膜との接続に緩みが出てしまう。こと。
挙筋前転法は、瞼板と挙筋腱膜との接続を再度結び直して、緩みのないスムーズな目の開閉にすることができる手術療法なのです。

マッサージで目を開けやすくする

おでこのマッサージです。マッサージと言ってもただおでこ全体をさするようなマッサージでは効果はありません。
まず、手を軽く握ります。そうして人差し指から小指の4本、第二指のDIP関節部分を眉の直上に軽くあて、上方向に向かっておでこ全体をマッサージします。強くやる必要はありません。軽く何度か繰り返すことで瞼の開きが一時的にですが良くなります。

エステなどで受けられる目元マッサージも非常に効果的です。ただし、やり過ぎると皮膚ダメージにもなりますので要注意!

関連記事

  1. 二重まぶたに作り方

    二重まぶたの作り方

  2. アーモンドアイ

    憧れの「アーモンドアイ」を叶える!

  3. 目を大きく

    目を大きくするには

  4. 眼瞼下垂 注意すること

    美容整形を受ける上で注意すること!

  5. 一重まぶたを二重まぶたに変える

  6. 瞼の整形