眼瞼下垂の手術で受ける麻酔ってどんな方法?

整形 麻酔

眼瞼下垂の手術に関する不安の一つが痛みです。手術中は痛いんだろうか、術後痛みはどれくらい続くんだろうと不安を抱くことでしょう。その痛みを緩和するための方法が「麻酔」です。麻酔は手術の安全性と快適さに直結します。ここでは、眼瞼下垂手術における麻酔について詳しくご紹介します。是非、参考にして下さい。

眼瞼下垂の手術における麻酔方法とは?

局所麻酔

局所麻酔とは、局所麻酔薬を使って、痛みを感じる神経を一時的に麻痺させて、痛みを感じることなく手術を行う手法です。
局所麻酔の特徴は、部分的な注射なので意識が鮮明で、普段通り、会話ができると言うこと。局所麻酔で利用する麻酔薬にはアレルギーが少なく、安全であり、入院等の必要がないので眼瞼下垂の手術には非常に有効な麻酔方法です。

麻酔薬の作用について

麻酔薬の作用を知る前に、まずは痛みを感じるメカニズムを理解しておきましょう。
痛みを感じると言うのは、皮膚に強い刺激を加えると、その刺激が末梢神経である知覚神経を通じて、脊髄に伝達され、さらに脳へを伝えられることで痛みとして感じてしまいます。知覚神経による刺激の伝導は神経細胞外より神経細胞内にナトリウムが流入することで伝わっていきます。

麻酔薬というのは、注射で皮下に麻酔薬を浸透させると、薬剤は速やかに神経細胞内に移行して、細胞内からナトリウムチャンネルを遮断することで知覚神経による刺激の伝導・伝達が止まることで痛みを感じなくなるのです。

全身麻酔

全身麻酔というのは、お薬で眠らせた状態にしてしまう麻酔法です。人は眠っている間は意識はありません。眠らせている間に手術・治療をしてしまうのが全身麻酔下による方法です。眼瞼下垂の手術の場合には向いていません。

眼瞼下垂の手術は術中に目を開けたり、座った状態で目の開き具合を確認することがあるため、全身麻酔による眼瞼下垂の手術はお勧めしません。

静脈麻酔

静脈麻酔というのは、全身麻酔と同様お薬で眠らせた状態にして、その間に手術・治療を行ういます。全身麻酔との違いは単に眠るだけで、呼吸管理や筋弛緩などは行いませんので、覚醒が早く、途中で痛みを感じてしまう可能性が伴う麻酔法です。

局所麻酔の注射の痛みが不安な方は、静脈麻酔を併用することもありますが、ボーッとしている状態が続いてしまったり、吐き気などの症状が出てしまうことがあるため、決してお勧めできる麻酔方法ではありません。

結論から言えば…

眼瞼下垂の手術ですが、複合的に麻酔方法を併用するのではなく、基本的には局所麻酔だけの手術というのがやはりお勧めです。

関連記事

  1. 眼瞼下垂

    眼瞼下垂とは

  2. 眼瞼下垂の種類

  3. 美容整形 眼瞼下垂

    美容としての眼瞼下垂

  4. 眼瞼下垂の原因

    眼瞼下垂の原因

  5. 眼瞼下垂手術 傷跡

    眼瞼下垂の手術の傷跡ってどうなるの?

  6. 術後の腫れ

    眼瞼下垂の術後の腫れって? 〜どの程度でどれくらい続くのか〜