瞼の手術における麻酔方法

麻酔

瞼の手術で利用する麻酔法

Anesthesia

手術で絶対に欠かす事ができないのが麻酔。実は麻酔の効きというのは仕上がりはもちろん、術後の腫れや内出血の強さに大きな影響を与えるので十分注意が必要なんです。

麻酔とは

麻酔の種類・方法

瞼の手術で用いられる麻酔法は3種。それぞれの麻酔法の特徴や方法をご案内します。

局所麻酔

静脈麻酔

全身麻酔

瞼の手術における理想的な麻酔法

瞼の手術で標準的、理想的な麻酔はやはり局所麻酔です。その理由はやはり術中に目を開けたり確認することが多いということ。特に眼瞼下垂の手術に関しては目を開ける時の癖もあるため、はっきりと意識のある状態で手術を受ける事が望ましいです。
もちろん、手術の内容によっては全身麻酔もしくは静脈麻酔による管理下での手術が必要になることもありますが、瞼の手術の場合、基本的には局所麻酔が望ましいでしょう。

関連記事

  1. 片頭痛

    眼瞼下垂の手術でなんで片頭痛が治るの?

  2. 眼瞼下垂の名医

    眼瞼下垂の名医・おすすめクリニック

  3. 瞼の基本構造

    瞼の基本構造

  4. 失敗

    瞼の整形手術で失敗しないためにすべきこと

  5. 目が小さくなってきた

    まぶたがたるんで目が小さくなってきた。目を大きく見せる!4つのメソッド

  6. 紫外線疲労

    紫外線疲労が眼瞼下垂に影響を及ぼす可能性があるって知ってる?