目を大きくするには

目を大きく

誰だって大きな目には憧れを持ちますよね。アイラインやマスカラなどのメイクで目を大きく見せることはやっていてもやっぱり限界もあるし…て思っている人も多いでしょう。思い切って目を大きくしてみたい!ここでは根本的に目を大きくする方法について詳しくご紹介していきます。

目を大きくするには

目を大きくするのと、目を大きく見せるのとは違うということ。実際に目を大きくするというのは、縦幅を広げるのか、横幅を広げるのか、それとも両方広げるのかということ。また、皮膚にたるみがあったり、一重まぶたで皮膚がかぶさっていて実際の目の大きさを表現できていない場合などは、奥二重や二重まぶたにするだけで実際に目を大きくすることができます。

目を大きくする方法

実際に目を大きくする方法というのは、手術しかありません。目の縦幅を広げる、目の横幅を広げることで目は確実に大きく変わります。

目の縦幅を広げる

目の縦幅を広げるには、瞼の開き具合を今よりもさらに大きくすることで目の縦幅は広がります。その方法が眼瞼下垂の手術です。瞼を持ち上げる筋肉の動きを調整し、さらに開く状態にすることで、目の縦幅が広がり黒目の露出が増え実際に目を大きくすることができるのです。また、皮膚にたるみがある場合は弛んでいる皮膚を切除してたるみの無い状態にすることで目を縦幅を広くすることもできるのです。

眼瞼下垂の手術

眼瞼下垂の手術は、病的な治療でなくても美容的に行うことによって目を大きくすることができるんです。瞼を持ち上げる筋肉を調整し、瞼を持ち上げる量を増やすことで今よりもさらに大きく見開く状態にすることで目は大きく生まれ変わります。

二重まぶたの手術

一重まぶたの皮膚のかぶさりによって目が小さくなっている場合、二重まぶたにすることで目が格段に大きく変化します。二重まぶたには、糸で止める埋没法から、皮膚に切開を加える切開法の2つがあり、整形初心者であればまずは埋没法で目を大きくするのも良いでしょう。

たるみ取りの手術

目の横幅を広げる

内側のかぶさっている皮膚を広げて、目を大きくする

目を内側に広げて目を大きくするのは目頭切開という方法です。内側にかぶさっている皮膚を広げることで、横に広がり目は格段に大きく変わります。

目そのものを外側に広げて目を大きく表現する

目を外側に広げて目を大きくするのは目尻切開という方法です。目尻(外眼角)を切開して、横に広げ白目の露出を増やしますので、目が大きく変わります。

目を大きく見せる方法

上記では美容整形の手術で目を大きくする方法をご紹介しましたが、手術までは怖いしそこまで自分を変えたく無いという方もいるでしょう。その場合はメイクなどで目を大きく見せる方法もあります。

メイクで目を大きく見せる

さまざまなご質問

Q&A

目を大きくすることに関するさまざまな疑問や質問に美容の専門家がお答えします。

手術以外に目を大きくする方法が知りたいです。
実際に目を大きくするには、手術以外に方法はありません。でも例えばむくみがちな方で、目元が浮腫んでいるような状態であれば、エステやセルフマッサージで浮腫を取ることで目元は大きく見えるでしょうし、睡眠不足や食事などの不摂生などによって浮腫んでいるのであれば、生活習慣を改善するだけでも目元は変わり大きく変化することも期待できると思います。
しかし、根本は手術です。今や美容整形はメジャーなことであり、前向きに検討することも宜しいかと思います。
めを大きく見せる手術ですが、縦幅と横幅を広げる手術を全て一度にすることはできるんですか?
一度に全ての手術を行うことは基本的には可能です。しかし、一度に全ての手術を同時に行うということはそれだけ術後の炎症が強くなり、腫れなどはかなり強いものになりますので、その覚悟は持っておくべきでしょう。

関連記事

  1. 瞼の凹みを解消する

    瞼の凹みを解消する!

  2. 下眼瞼脱脂

    下眼瞼脱脂

  3. 瞼の美容整形

  4. 二重まぶたに作り方

    二重まぶたの作り方

  5. 一重まぶたを二重まぶたに変える

  6. アーモンドアイ

    憧れの「アーモンドアイ」を叶える!