まぶたのたるみを取る方法

目元の衰えを感じ始めた今、瞼の状態というのは強いたるみが出ていると考えていいでしょう。どんなにケアしていてもたるみを止めることなんてできません。たるみは諦めるか、思い切って取ってしまうその2択。いつまでも悩んでいても仕方ありません。ここでは瞼のたるみを取る方法についてご紹介していきましょう。

瞼のたるみとは?

瞼のたるみは、加齢や皮膚の弾力性の低下によって発生する現象です。瞼が垂れ下がることで、見た目の老け感が強くなったり、目元が重く見えたりしてしまいます。また見た目の問題だけではなく、たるみによって視界が狭くなったりすることもあります。
多くの人がこのたるみの問題に直面し、今よりも少しでも若々しい外見を取り戻すためにたるみを解消する方法を探しています。

瞼のたるみの原因

上まぶたのたるみは、加齢とともに悩まれる方が増加します。瞼のたるみの原因は大きく分けて2つ。ひとつは目の周りの筋量の低下によって支えが効かなくなってしまうこと、ふたつめは皮膚そのものの下垂や余剰の2種類の原因があります。

まぶたを持ち上げる筋肉「眼瞼挙筋」が、筋肉とまぶたをつないでいる「挙筋腱膜」を通じてまぶたを持ち上げるため目が開きます。
加齢によって、この眼瞼挙筋や挙筋腱膜が薄く弱くなってしまったり、挙筋腱膜と瞼板との接続が剥がれてしまうことで、しっかりとまぶたを持ち上げられないような状態になり、目を十分に開けなくなってしまいます。
一方、皮膚のたるみの原因は加齢と紫外線です。 皮膚の深部にはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった弾力性の強い成分があり、この成分が豊富であることで皮膚は一定のハリを保っていて弛みません。
しかし、このコラーゲンやエラスチンなどの弾性繊維は加齢や紫外線によってだんだんと作られる量が減少していくため、年を取ると弾力を失い、皮膚にハリがなくなっていきます。また、重力によりまぶたの脂肪が下がることでもたるみへと繋がります。
このように、上まぶたのたるみは筋力の低下と皮膚のたるみの両方が原因となって引き起こされています。

目元をこする癖による摩擦も

花粉症などで慢性的に目を擦る癖があったり、アイメイクを洗顔で落とす際に目元に力をかけてしまったり、アイプチやアイテープなどを使用することで瞼に慢性的な負荷、炎症がかかってしまい弛みやすくなってしまいます。

まぶたが弛むことで出てしまう症状

まぶたが弛むと皮膚は目に覆いかぶさるようになり、上側の視界が狭くなり、日常生活への支障を及ぼすこともあります。視野が狭くなることで、目の疲れが酷くなったり、目の奥に痛みを感じるなどの症状を引き起こしてしまう方もいます。まぶたのたるみによって起こる症状は以下の通りです。

  • 視界が狭くなる
  • 慢性的な頭痛
  • 眠たそうな表情に見える
  • 額に力が入る
  • 目が小さくなる
  • 目の疲れ
  • 肩こりの悪化
  • 目が開きにくくなる
  • まぶたが重いと感じる
  • 目尻・おでこのシワが深くなる

瞼のたるみを取る方法

瞼のたるみを取る方法には、手術、レーザー、エステ、スキンケアなどさまざまな方法があります。外科手術のように皮膚を切除してたるみを取る場合は一瞬にして効果を実感できますが、レーザーやエステ、スキンケアというのは劇的な効果や変化はありませんが、一定の効果を得られるということから手術を望まない方には定評があります。

瞼のたるみを取る方法:非手術的アプローチ

アイクリームと美容液

瞼のたるみを改善するためには、まずはスキンケアが重要です。高品質なアイクリームや美容液を使用することで、皮膚の弾力性を高めることができます。特にコラーゲンやヒアルロン酸が含まれた製品が効果的です。

マッサージとエクササイズ

瞼のたるみを予防・改善するために、目元のマッサージやエクササイズも有効です。毎日のケアとして取り入れることで、血行を促進し、皮膚の引き締め効果が期待できます。

エステでたるみを取る

エステでたるみなんて取れるの?と思われる方も多いのですが、マッサージなどむくみのケアをすることで瞼の開き具合を改善したり、刺激によって皮膚が活性化することでたるみが改善します。当然ですが、手術のようにたるみが確実に取れるわけではありません。

瞼のたるみを取る美容整形手術

美容整形でたるみを取る方法、それは外科的な手術ということ。弛んでしまった余分な皮膚を切除しますから、瞬時にしてたるみが取れたと実感できるのが最大のメリット。
しかし、皮膚を過剰に取りすぎてしまったり、術後の経過に問題を引き起こしてしまった場合など、トラブルを引き起こす可能性があるため十分注意が必要です。

上眼瞼切開

上眼瞼切開は、上まぶたのたるみを引き上げる手術です。この手術では、瞼の上部の皮膚を切開し、余分な皮膚や筋肉を取り除きます。一重の人は二重になれるし、視野の改善にも効果的なので、見た目だけでなく機能的な面でもメリットがあります。

眉毛下切開

眉毛下切開法は、瞼のたるみを解消するための効果的な手術方法です。この手術では、眉毛の下の皮膚を切開、切開したところから瞼まで余分な皮膚や脂肪を速やかに取り除きます。手術直後から、たるみが解消し、目元がすっきりと若々しく変わったことが実感できます。

眼瞼下垂(挙筋前転法)

挙筋前転法は、目がしっかりと開かなくなってきた方、瞼の持ち上げに苦痛や違和感を感じる方の症状を一気に改善させ、たるみも同時に引き上げることができます。弛みというのは、皮膚だけじゃありません。瞼を持ち上げる筋肉にもたるみが出てしまうのです。挙筋前転法は皮膚、筋肉の双方のたるみ、緩みを解消することができます。

瞼のたるみ手術のリスクと注意点

瞼のたるみを取る手術にはリスクも伴います。手術後の腫れや内出血、感染症などのリスクがありますので、手術を検討する際には専門医と十分に相談することが重要です。また、アフターケアも手術の成功には欠かせません。

瞼のたるみを予防する

加齢や生活習慣によって瞼のたるみが生じることを防ぐためには、日常的なケアが重要です。基本的な考えですが、たるみは治療するのではなく、予防することが本来は大切なことだと思います。実際、たるみを予防することができれば手術する時期を遅らせたりすることができますからね。

コスメに頼る

瞼のたるみを予防するためには、日常的に使用するコスメが重要な役割を果たします。以下のポイントを参考にしてみてください。

アイクリームの使用

高品質なアイクリームは、瞼のたるみを予防するための基本アイテムです。特に、コラーゲンやヒアルロン酸、レチノールなどの成分が含まれたアイクリームが効果的です。これらの成分は、皮膚の弾力性を高め、保湿効果を持続させることで、たるみを防ぎます。

美容液の活用

アイクリームに加えて、美容液を使用することで、さらに高い効果が期待できます。ビタミンCやペプチドが配合された美容液は、抗酸化作用を持ち、皮膚の老化を遅らせる効果があります。朝晩のスキンケアに取り入れると良いでしょう。

紫外線対策

紫外線は肌の老化を促進するため、日常的に紫外線対策を行うことが重要です。SPF入りのアイクリームやサングラスを使用して、目元の皮膚を保護しましょう。

エステに頼る

定期的なエステの施術も、瞼のたるみを予防する効果的な方法です。専門的なケアを受けることで、日常のスキンケアだけでは得られない効果を期待できます。

フェイシャルマッサージ

プロによるフェイシャルマッサージは、血行を促進し、皮膚の新陳代謝を活性化させます。特に、目元のリンパドレナージュは、むくみを取り除き、たるみを予防するのに効果的です。

マイクロカレント(微弱電流)療法

マイクロカレント療法は、微弱な電流を使用して、皮膚の深層に働きかける施術です。筋肉を刺激し、コラーゲンの生成を促進することで、瞼のたるみを予防する効果があります。

コラーゲンフェイシャル

コラーゲンフェイシャルは、肌にコラーゲンを浸透させるエステ施術です。皮膚の弾力性を高め、ハリを取り戻す効果があります。定期的な施術により、瞼のたるみを未然に防ぐことができます。

瞼のたるみを予防するためには、コスメとエステを組み合わせたケアが効果的です。高品質なアイクリームや美容液の使用、定期的なエステ施術を取り入れることで、若々しい目元を保ちましょう。

最後に

瞼のたるみは、多くの人にとって悩みの種。スキンケアやエクササイズで改善できる場合もありますが、美容整形手術を選択することでより確実にたるみを解消することができます。自分に最適な方法を見つけ、若々しい目元を取り戻しましょう。

さまざまなご質問

Q&A

瞼のたるみ取りに関するさまざまな疑問・質問に専門家がお答えします。
瞼のたるみでお悩みの方、たるみを解消したいという方は、是非参考にして下さい。

エステで本当にたるみが解消するんですか?
エステやスキンケアなどは効果に個人差があります。しっかりとした適切なスキンケアを実施すればたるみの引き上げ、予防効果には一定の満足をすることができると考えて良いでしょう。
しかし、外科手術のように皮膚を切除する方法でありませんので過度の期待は避けるべきです。
瞼のたるみを取る手術にはいくつかの方法があるようですが、どの方法が一番効果的なんでしょうか?
どの方法が一番効果的なということは術式だけで判断できるものではありません。瞼の皮膚の状態、たるみの程度、目の形状などだけではなく、どのような仕上がりを求めるのか、それらを総合的に判断して術式を選ぶ必要があります。
瞼のたるみを予防する方法はありますか?
瞼のたるみを予防するためには、定期的なスキンケアや目元のエクササイズが効果的です。また、紫外線対策や十分な睡眠、健康的な食生活も重要です。
手術以外で瞼のたるみを改善する方法はありますか?
手術以外では、高品質なアイクリームや美容液、目元のマッサージやエクササイズが効果的です。これらの方法は、軽度のたるみの改善に役立ちます。
美容整形手術を受ける前に相談することはできますか?
はい、美容整形手術を受ける前に専門の医師とカウンセリングを行うことが推奨されます。カウンセリングでは、手術の詳細やリスク、期待される効果について詳しく説明を受けることができます。

眉毛下切開に関するご質問

眉毛下切開法とは何ですか?
眉毛下切開法は、眉毛の直下の皮膚を切開し、弛んでしまった余分な皮膚や脂肪を取り除くたるみ取りの手術です。皮膚を直接取り除くことができるため、瞼のたるみは劇的に改善し、若々しい目元を取り戻すことができます。
手術はどのくらいの時間がかかりますか?
眉毛下切開法の手術は通常1時間程度で終了します。手術の具体的な時間は個々の症例によって異なります。また、出血の状況によって止血に時間がかかってしまった場合はもう少しかかる場合があります。
手術後のダウンタイムはどのくらいですか?
手術後は1程度のダウンタイムが必要です。腫れや内出血が引くまでの期間は個人差がありますが、通常は1週間程で日常生活に戻ることができます。

上眼瞼切開に関するご質問

上眼瞼切開の手術は痛みを伴いますか?
手術中は局所麻酔を使用するため、痛みを感じることはほとんどありません。術後の痛みは軽度から中程度で、医師が処方する痛み止めで管理することができます。
上眼瞼切開の効果はどのくらい持続しますか?
上眼瞼切開の効果は個人差がありますが、多くの患者さんで5〜10年程度効果が持続します。加齢や生活習慣によって効果の持続期間が変わることがあります。
手術後に何を気を付けるべきですか?
手術後は、傷口を清潔に保ち、強い日差しや激しい運動を避けることが重要です。また、医師の指示に従い、定期的なフォローアップを受けることも大切です。

眼瞼下垂手術に関するご質問

眼瞼下垂とは何ですか?
眼瞼下垂は、上まぶたの筋肉が弱くなり、まぶたが垂れ下がる状態を指します。視界が狭くなったり、目元が重く感じたりすることがあります。
眼瞼下垂手術のリスクは何ですか?
眼瞼下垂手術には、腫れや内出血、感染症、まぶたの左右差が生じるリスクがあります。手術前に医師と十分に相談し、リスクを理解することが重要です。
手術後の視界はどのくらい改善されますか?
眼瞼下垂手術により、多くの患者さんで視界が大幅に改善されます。手術前の状態や個々の症状によりますが、視界の広がりと目元の軽さを実感することができます。

関連記事

  1. 二重まぶたに作り方

    二重まぶたの作り方

  2. 目を大きく

    目を大きくするには

  3. 目を開けやすくする方法

    目を開けやすくする方法

  4. 瞼の凹みを解消する

    瞼の凹みを解消する!

  5. アーモンドアイ

    憧れの「アーモンドアイ」を叶える!

  6. 一重まぶたを二重まぶたに変える