二重まぶたの幅を広げる

二重まぶたの幅

少しずつ二重の幅が狭くなってきた!もともと二重だったから前のようなもう少し幅のある二重まぶたに戻りたい。そんなあなたの想いは簡単にできるんです。ここでは二重まぶたの幅を広げる方法とその注意点についてご紹介します。

二重まぶたの幅はどこで決まる?

二重まぶたの幅を広げる方法を説明する前に二重まぶたの幅はどこで決まるのかということをご説明します。

二重まぶたの幅を広げる方法

二重まぶたの幅を広げる方法は、手術で根本的に広げるか、メイクで一時的に広げるかの2通りの方法があります。

美容外科で二重の幅を広げる

医療の力を借りて根本的に二重まぶたの幅を広げる方法をご紹介します。美容外科でできる方法には2つの手法があり、一つは糸で止めて幅を広げる「埋没法」という方法、もう一つは皮膚を切って二重まぶたの幅を広げる「切開法」という方法です。どちらが良いかということは、それぞれに利点、欠点があり、あなたの瞼の状態や希望する仕上がりに応じて判断する必要があります。あなたにはどちらの整形が向いているのかな。

埋没法

糸を瞼板に固定し、希望する二重まぶたの幅の位置で皮膚を持ち上げる量を調整するのが埋没法です。糸を通すだけなので傷跡の心配がなく手軽に受けることができる美容整形の初心者に人気の高い治療です。
糸の固定方法によって効果の持ちだけでなく、腫れの程度にも変化があります。瞼の厚みによっては取れやすいというデメリットもあるのが特徴です。

切開法

皮膚を切開して、希望する二重まぶたの幅に整えることができるのが切開法です。皮膚を切るというデメリットがありますが、一度の手術で取れることのない一生涯の二重まぶたを手にすることができます。
皮膚を切るため腫れや傷跡の心配を持つ方も多いのですが、その仕上がりは非常に自然で、埋没法を受けた方の中には最初から切開法を受ければ良かったという方の少なくありません。

メイクで二重まぶたの幅を広げる

メイクで二重まぶたの幅を広げるのも悪くありません。簡単ですし洗顔すれば元に戻ります。
でも瞼を外力で刺激することによって瞼の開きを悪化させてしまうこともあるのでずっと幅広の二重でいたいという方にはメイクではなく、根本的な解決法である「美容外科」による治療をお勧めします。

アイプチ

あなたの理想とする二重のラインに専用のノリを塗って瞼の折り返す高さを自由に調整して、理想の二重まぶたを作ることができます。

関連記事

  1. 目を大きく

    目を大きくするには

  2. 目を開けやすくする方法

    目を開けやすくする方法

  3. まぶたのたるみを取る方法

  4. アーモンドアイ

    憧れの「アーモンドアイ」を叶える!

  5. 瞼の凹みを解消する

    瞼の凹みを解消する!

  6. 一重まぶたを二重まぶたに変える