切開法と埋没法の違い

二重まぶたを整形する方法には、2つの方法がある。埋没法、切開法がそれだ。自分がどの方法が適しているのかを知ることはもちろん必要だが、そもそもそれぞれの方法に一体どんな違いがあるのか。ここでは切開法と埋没法の違いを紐解きます。

切開法と埋没法の

切開法

皮膚を切って組織の内部で強い癒着を作り出して、取れることのない自然な二重まぶたを作り出す。それが切開法です。皮膚を切開するため術後の腫れ、ダウンタイムを生じる一方、埋没法のように取れてしまうリスクがないということ。余分な脂肪や皮下の結合組織を取り除くことができるため、瞼の厚みを解消して薄くすることができるため、スッキリとした美しい目元に生まれ変わることができる。

切開法の特徴
  • 一生涯の二重瞼になる
  • 目元がスッキリとする
  • 希望の形が容易にできる
  • どんな瞼にも対応可能

埋没法

埋没法は糸で瞼と皮膚を結んで固定し、理想の二重瞼を作り出す二重瞼の代表的な治療法です。
糸で止めるだけなので、術後に大きな腫れや痛みなどのダウンタイムがなく気軽に受けることができるのが大きな特徴です。糸で止めているだけなので糸が緩んでしまったり、結び目が解けてしまったりすると元に戻ってしまいます。でも、見方を変えれば気に入らなければ糸を抜けば元に戻せるというメリットにもなります。

埋没法の特徴
  • 切らない・腫れない・痛くない
  • 気軽に受けることができる
  • 糸を抜けば元に戻せる
  • 厚みのある瞼には向かない

埋没法と切開法の比較

比較項目 埋没法 切開法
腫れ ほぼ無い 腫れる
内出血 ほぼ無い 比較的多い
痛み 手術時の麻酔だけ 手術時の麻酔だけ
傷跡 残らない 残るが目立たない
ライン消失 ある ほぼ無い

まとめ

埋没法は大きな切開を加えないということから傷跡の心配は全く無いと言って良いでしょう。しかし、いつどこで取れてしまうのかって言う不安をずっと抱えたまま過ごさなければいけません。特に厚みのある瞼の方が手術を受けた場合はなおさら。

傷は残ってしまいますが、実際にはほとんどの方は傷は目立たず生活できているのも現実です。当然、切開法は二重瞼が取れてしまうと言ったことはありませんから、この先、不安を持つことは無いでしょう。
そのことからダウンタイムに余裕があり、ご自身がどういった二重にしたいかという明確なものがあるのであれば切開法が望ましいでしょう。

そうではなく、まだ二重になることに不安を抱えていたり、理想とする明確な二重瞼の幅が決まっていないのであれば埋没法がよろしいかと思います。

関連記事

  1. 術後のリスクと過ごし方

    【二重瞼の整形】切開法の失敗と術後のリスクについて

  2. 切開法

    切開法

  3. 埋没法 取れる

    埋没法が取れる。二重の幅が緩む理由

  4. 切開法の術後の経過と過ごし方

  5. 切開法の料金

  6. 埋没法の抜糸

    埋没法を受けた後の抜糸について