埋没法が向くタイプ、向かないタイプ

埋没法の料金

埋没法(まいぼつほう)は、二重瞼を作る代表的な手術法の一つです。基本的には全ての方が受けることができる方法と言われていますが、現実には瞼の状態によって向いている、向いていないタイプがあるんです。また、状態だけではなく、希望する二重まぶたの幅によっても違ってきます。
ここでは埋没法に適している瞼、適していない瞼の特徴についてご紹介します。

埋没法とは

埋没法が向いているタイプ

  1. 皮膚が薄い:瞼の皮膚そのものが薄い場合、持ち上げる皮膚のボリュームが少ないため糸への負担が少ない二重まぶたの癖つけが容易である。
  2. 脂肪が少ない:眼窩脂肪、皮下脂肪が少ないと糸への負担が少なくなることからライン消失のリスクが少なくなる。
  3. 変化が少ない:幅を大きく広げない、大きな変化を求めない場合は、糸への負担が少ないため埋没法が適している。

埋没法が向かないタイプ

関連記事

  1. 埋没法の抜糸

    埋没法を受けた後の抜糸について

  2. 埋没法のリスクと問題点

    埋没法のリスクと問題点

  3. 埋没法

    埋没法

二重瞼の整形

瞼の整形をご紹介します。