【二重瞼の整形】切開法の失敗と術後のリスクについて

術後のリスクと過ごし方

手術で一番怖いのは”失敗”、誰だって失敗なんてしたくない。でも失敗のリスクは少ないとは言えど全く無いとは言い切れないから恐ろしいし、手術に踏み込めない気持ちも大きい。切開法の失敗って目が開けられなくなるの?それとも不自然な目元になっちゃうの?
ここでは二重瞼の整形の失敗について詳しく紹介していきましょう。

法の失敗と術後のリスク

Post-Operative Risk

切開法って

二重瞼の整形手術「切開法」とは、瞼を切開して一重まぶたを二重瞼に変えたり、今の二重瞼の幅を少し広げるなど目元の美容整形としては代表的な治療法の一つなんです。

当然、皮膚を切開するわけですから、傷跡や痛みなど心配することも多いことでしょう。また失敗のリスクについても同じです。切開法は不安な部分が大きいと思います。でも安心してください。切開法は決して難易度の高い手術ではありませんし、大きな失敗となるようなリスクも比較的少ない治療です。もちろん、医者の技術や経験に大きな差はありますのでしっかりとした下調べ、準備をしておけば決して怖い治療ではありません。

切開法の失敗って何?

切開法の失敗ってどこまでを失敗って言うんだろう。仕上がりに満足いかなかったら失敗なんだろうか?もし失敗した場合、やり直しなどの修正手術で満足のいく結果にできるんだろうか。まずは切開法の場合、どんな失敗があるのか、知ることから始めましょう。

  • ・希望した仕上がりと違う
  • ・左右差が出た
  • ・腫れが引かない
  • ・思っていたイメージと違う
  • ・二重瞼になっていない
  • ・傷跡が目立つ など

希望した仕上がりと違う

希望した仕上がりの幅と違うというトラブルは意外に多い。希望していたのはもっと幅の広い二重だったり、逆にもう少し幅の狭い二重を希望していたというケースです。技術的には失敗ではありませんが、仕上がりのイメージが医師と違っていたと言うことですから失敗とも言えるでしょう。

本来であれば術前のカウンセリングでしっかりと仕上がりのイメージを医師と患者が共有出来ていればこのような失敗になるようなことは無かったでしょう。

幅を広げると言うことであれば技術的に難しいことではありませんので修正手術を希望して受けると言うことが望ましいでしょう。逆に幅を狭くするのは難しい場合がありますのでご注意を。

左右差が出た

術後の左右差ですが、このような問題は医者の経験に左右されることが多いです。再手術によって基本的には修復が可能です。

修正手術ですが、幅の広い方に合わせる、狭い方の幅を広げるのであればそれほど難易度の高い手術ではありません。逆に幅の狭い方に合わせると言うのは難しい場合がありますので注意しましょう。

腫れが引かない

腫れが引かないケースも少なからずあります。この場合、腫れの原因を明確にして原因に対する対処法が必要です。また、腫れではなく、もともと皮膚が分厚い場合、新たに二重瞼を作るため皮膚の折り返しが馴染んでおらず腫れている様に見えることもあります。

思っていたイメージと違う

こんな二重じゃなかった!と手術を受けたことに失敗した、後悔したって言う方もいます。理由はそれぞれ違っていて手術の技術的な失敗ではなく、カウンセリングの失敗と捉えた方が良いでしょう。このような失敗を防ぐためにもセカンドオピニオンとして複数の医師の意見を参考にしたり、シミュレーションで術後のイメージをしっかりと理解しておくことが大切です。

切開法の術後のリスク

切開法を受けて術後に何かしらのリスクや問題となるようなことはありません。基本的には術後3ヶ月のチェックで仕上がりに問題がなければ、これから先も何ら問題やリスクとなるようなことはありません。

ただし、注意して欲しいのは高揚感です。美容整形にはいわゆる高揚感(気持ちが非常に興奮した感覚のこと、高揚した気持ちのこと。)があります。その時の切開法で十分満足できてもしばらくすると「もっと、もっと」と欲と高揚感の刺激を求めやすい傾向に傾きます。もっと幅を広くしたい、目頭や目尻切開など他の手術で目をバージョンアップさせたいという気持ちを十分にコントロールしないと大変な目にあうでしょう。

最後に

二重瞼の整形手術「切開法」は切って傷跡が残ってしまうというリスクと引き換えに憧れの二重瞼、理想とする目の形を手にすることができます。失敗やリスクが無いとは言えませんが、それでも受けることによって得られる効果や満足度というのは非常に高いものです。二重に憧れている、二重瞼の幅を広げたいという方は美容整形という選択肢をお勧めします。
ただし、クリニック選びだけは慎重に、より慎重に選びましょう。その部分の手を抜かなければ十分満足のいく結果を得ることができるでしょう。

関連記事

  1. 切開法の料金

  2. 切開法

    切開法

  3. 切開法と埋没法の違い

  4. 切開法の術後の経過と過ごし方

  5. 上眼瞼切開

    上眼瞼切開