眉毛下切開

眉毛下切開

年々気になる瞼のたるみ。昔のはっきり二重も、切れ長一重もたるみのせいで台無しです。昔のような若々しい目元に戻りたいけど手術は不安ですよね。瞼を傷つけずにたるみを改善する方法をご存じですか?眉毛下切開は一重の方、二重の方、どちらも目元のたるみだけを改善して、ご自身の瞼の形状はそのままで自然に目元を若返らせます。

下切開

まぶたのたるみが気になる人、昔のような目元に返りたい。そんなあなたにお勧めするのが「眉毛下切開」です。眉毛下切開とは別名アイリフト、上眼瞼リフトとも呼ばていますが、まぶたのたるみを一気に引き上げて目元を10歳若返らせるアンチエイジングケアのひとつです。ここではそんな眉毛下切開について詳しくご紹介していきます。
眉毛下切開とは

眉毛下切開は、眉毛の直下からたるんでいる皮膚を切除して、たるみを引き上げるため、確実にまぶたのたるみを取ることができます。まぶたのたるみを取る方法として「上眼瞼切開」という手法もありますが、眉毛下切開にはもともとの二重まぶたの形を変えることがないので、整形による不自然さや見た目の印象を大きく変わらないのが特徴のひとつです。

眉毛下切開でできること

眉毛下切開できること。それはたるんでしまったまぶたを一気に若返らせることです。目元の若返り、アイリフトとして非常に有効で傷跡も目立たないというのが特徴です。また、上眼瞼切開と比べダウンタイムが非常に短いというのも人気のひとつです。

眉毛下切開の効果・まぶたのたるみを解消できる・見た目年齢の若返り・見た目の印象を変えることなく確実に若返る・一重まぶたでも治療できる
眉毛下切開は眉毛の直下を切開するため、傷跡が重要視されます。そのため医者の技術ひとつで傷跡の瘢痕化やギザギザの傷跡など厄介なトラブルも少なくありません。しかし、適切な医師、眉毛下切開の名医による治療であれば非常に満足度が高いのです。
まぶたのたるみを取る方法は2つの方法がある
まぶたのたるみを取る方法というのは実は2つの方法がある。ここで紹介するのが眉毛下切開と呼ばれる方法。もうひとつが一般的に多くの美容外科でおこなわれている切開による二重まぶたの形成術「上眼瞼切開」と呼ばれる方法だ。
上眼瞼切開
上眼瞼切開というのは希望している二重まぶたの幅のライン上を切開し、そこから上の部分のたるんだ皮膚を切開する方法。眉毛下切開よりも腫れが強くなりやすい。また、一重まぶたの人をパッチリとした二重まぶたや奥二重にするなど希望している目の形状に変化を加えることができるのが特徴。眉毛下切開では目の形状に変化を加えことはできない。
眉毛下切開
上眼瞼切開というのは希望している二重まぶたの幅のライン上を切開し、そこから上の部分のたるんだ皮膚を切開する方法。眉毛下切開よりも腫れが強くなりやすい。また、一重まぶたの人をパッチリとした二重まぶたや奥二重にするなど希望している目の形状に変化を加えることができるのが特徴。眉毛下切開では目の形状に変化を加えことはできない。
眉毛下切開の実際
眉毛下切開は皮膚のたるみを取るだけなので形を変えることはできない。そのため術前のデザインを細かく伝える必要はない。医師は眉毛の直下にデザインを描き、取れる範囲の適正量の皮膚に印をつける。上眼瞼切開と比べると外側のたるみまで広範囲に取り除くことができる。

術前のデザイン
眉毛の直下に切開するラインのデザインを描きます。眉毛のない人は返って傷跡が目立ちやすいのでアートメイクなども検討する必要があります。アートメイクを描くことで傷跡はほとんど目立たなくなります。医師にアートメイクを描くことを伝え、そのデザインも含め考慮してもらいましょう。
局所麻酔の注射
切開する範囲全体に局所麻酔の注射を打ちます。眉毛下切開で痛みを感じるのはこの局所麻酔だけです。麻酔が効いてしまうとほとんど痛みを感じることはありません。局所麻酔の痛みを苦痛に思う方は静脈麻酔や吸入麻酔などを併用することをお勧めします。別の麻酔方法を併用することで痛みは大幅に軽減します。
皮膚の切開
麻酔が効いているのを確認し、問題がなければデザイン通り皮膚を切開していきます。皮膚を切除できたら電気メスと使ってしっかりと止血処置を施します。

傷の縫合
傷を丁寧に縫合していきます。
眉毛下切開は通常1時間程度の手術です。中には2、30分程度でおこなう医師もいますが、非常に雑になりやすく傷跡だけではなく、左右差が出てしまったり、不自然にもなるため眉毛か切開を得意としている名医による手術が必要なのです。
ダウンタイム
眉毛下切開のダウンタイムは通常の経過であれば3、4日で腫れなどは落ち着きますし、ほぼほぼ仕上がりの状態となります。抜糸は5〜7日後ですので眉毛下切開をおこなった医師に確認しておきましょう。
眉毛下切開の術後の状態と経過
眉毛下切開で気になるのは仕上がりだけではありません。術後はどういった経過を辿るのか。腫れは?傷跡はどれくらい目立つのかなどさまざま。ここでは眉毛下切開の術後の状態についてご紹介しましょう。
たるみ取り手術の実際 眉毛下切開の経過 まぶたのたるみ取り手術「眉毛下切開」の術後の状態、腫れや内出血は個人差はあるものの、大まかな流れは同じである。「眉毛下切開」手術の経過って実際はどうなの?眉毛下切開って本当に腫れは少ないの…
眉毛下切開は上眼瞼切開にようにまぶたの直上を手術するわけではありません。眉の直下からたるんだ皮膚を切除するだけですので、実は大きな強い腫れというのはほとんど引き起こすことはありません。手術直後に「お化け」のような大きな腫れを想像する方も多いのですが、こういった手術で一番強い腫れのピークというのは眉毛下切開の当日ではなく、翌日が一番ひどい状態です。しかし、眉毛下切開は基本的には大きな腫れを起こしにくいので腫れについてはさほど心配する必要はないんです。

一般的に眉毛下切開の抜糸は5日〜7日後に可能です。糸がついているからといっても眉毛の直下ですので糸があっても目立つことはほとんどありません。抜糸後は翌日からメイクが可能となりますので、十分隠せます。

傷の状態ですが、切開線は赤みを帯びている方が多いです。その赤みが消失するには数ヶ月かかりますが、派手に目立つものではないので過度の心配は無用です。

POINT-1 強い腫れは起こさない。 POINT-2 眉の直下なので縫合している糸も目立ちにくい。メガネの使用によってはメガネの淵でほとんどばれないことが多い。 POINT-3 通常、抜糸は5〜7日後 POINT-4 傷跡の赤みはあるがメイクで十分隠せる
ただし、あくまで通常の経過というのは技術力の高い医師による経過をご紹介しています。そうではない医師による眉毛下切開は傷跡のラインがギザギザであったり、凹凸、ボコボコなどとなりますし、1ミリ以上の幅のある瘢痕傷となることも少なくありません。
気軽に受けることのできるまぶたのたるみ取りとは言え、医者の技術力で仕上がりの自然さには格段の違いを生じますのでご注意下さい。

安心して眉毛下切開を受けることのできる名医のご紹介
眉毛下切開の費用の相場
眉毛下切開の費用ですが、自由診療ですので美容外科によってさまざまな料金設定があります。誰でも安いほうが良いと思うでしょう。しかし、治療費用には必ず適正費用があります。ここでは眉毛下切開にかかる費用の仕組みについてご紹介します。

眉毛下切開の費用の仕組み 初診料 3,000円〜5,000円 血液検査 5,000円〜10,000円 眉毛下切開の手術費用  200,000円〜400,000円 眉毛下切開にかかる費用の総額  208,000円〜415,000円 ※すべて税抜き価格でご紹介しています。眉毛下切開の費用の相場は30万円前後を想定しておこう。
この料金設定以外に、静脈麻酔や他の麻酔方法を併用する場合は別途費用が加算されます。一般的には標準の局所麻酔や術後の検診費用は治療費用に含んでいるものです。悪質な美容外科などはプレミア…といって、不明確な料金の釣り上げなどで2、3割の加算をするところもあります。十分ご注意下さい。

眉毛下切開に関する疑問はここで解決しよう! まぶたのたるみを取るにはどんな問題があるんだろう。美容外科のホームページにはあまりリスクは紹介されていません。ここでは眉毛下切開に関するさまざまな疑問や質問をご紹介しています。

眉毛下切開はたるんでいるまぶたの皮膚を切除して引き上げるだけの手術です。しかし、手術ラインのデザインや皮膚の処理方法、術後の管理・ケアで仕上がりに雲泥の差が出やすい。だからこそ簡単に美容外科を選んではいけません。ここでは眉毛下切開に潜む問題点についてご紹介します。
まぶたのたるみが解消できると見た目年齢は格段と下がる!!

眉毛下切開で起こりうるトラブル・問題点
眉毛下切開は比較的リスクやトラブルの少ない治療ではある。しかし、眉毛の直下を切開するわけですから、傷跡が目立ちやすいという大きなリスクを伴う。体質の問題も若干はあるだろうが基本的には医者の経験と技術、丁寧さが確実に仕上がりに影響することを忘れてはいけない。

(眉毛下切開のトラブル)・傷跡・左右差・凹凸・過剰な皮膚切除・内出血

問題点01 傷跡が目立つ
眉毛下切開で気になるのはやはり傷跡。切開ラインの瘢痕はメイクでもなかなか隠すことはできません。クリニックによっては目立たせない工夫も凝らしており、眉毛下切開の名医ならば傷跡を気にすることなく治療を受けることができるのが特徴です。できてしまった傷跡を修正するのは傷跡部分を再度切開して瘢痕部を切除することで修復するのが一般的です。

問題点2 見た目の左右差
左右差というのは切除するたるみの皮膚の切除量を左右で変えてしまった場合に起こります。一般的には少ないトラブルですが、未熟な医師、若年の医師などで比較的起こしやすいトラブルです。切り取ってしまったほうは修正できませんが、たるみの切除不足側を再度切開して余剰皮膚を切除することで修復できます。

問題点3 表面の凹凸
雑な縫合によって切開部分に段差を生じてしまったり、縫い合わせ位置のズレによって生じてしまいます。明らかな医師の技術不足によるものです。基本的には再度切開して修復する必要があります。

問題点4 内出血
通常の眉毛下切開の場合、皮膚だけを切除しますが、状態によっては眼輪筋の一部を切除することがあります。当然、必要性があって切除するわけですから致し方がないところもありますが、眼輪筋を切除する場合は内出血のリスクが高くなることを理解しておきましょう。眉毛か切開を受ける場合は手術を担当する主治医に眼輪筋の切除について確認しておくことも必要です。

最近上まぶたがたるんできたせいか二重が奥二重になってきています。まぶたのたるみを取って綺麗な二重にもどす手術にはどのような方法がありますか?
まぶたのたるみを取る方法には大きく分けると2つの方法があります。ひとつは「上眼瞼切開」と呼ばれる方法で、二重まぶたのライン上を切開し、弛んでいる分だけの皮膚を切除する方法。
もうひとつは「眉毛下切開」という方法で眉毛の直下を切開して弛んでいる分だけの皮膚を切除する方法です。どちらが良いかというのはどういった仕上がりを希望されるかということで方法を選択しなくてはいけません。
一般的に外側にたるみが強かったり、一重まぶたのままや、昔のような二重まぶたに戻りたい場合は眉毛下切開が適しています。ただし、眉がない人や途中で眉が途切れているいわゆる麻呂眉の方などは傷跡が目立ってしまうことがありますので、アートメイクを併用することがよろしいかと思います。

1ヶ月前に上まぶたのたるみ取りの手術をしました。まぶたに傷跡を残したくなかったので眉毛の下を切開する方法を選択しました。ところが、手術後からまぶたが突っ張ってしょうがありません。なおすことは可能でしょうか?
通常の経過であればツッパリ感が出るのは数日で解消します。明確な原因というのはわかりませんが、切開した部分の瘢痕や過剰な皮膚切除によるものの可能性もあります。修正は難しいと思いますので、眉毛下切開を受けられた美容クリニックの医師による術後のフォローを受ける必要があります。

—— 指示通り、手術を受けた医師の診察を受けました。過剰な切開を認めてはくれましたが、明確な原因はわからない、解消させる方法を含めなんの手立てもないという回答しかもらえません。こういった場合、医師に返金を求めることはできるのでしょうか?

残念ながら返金に応じるか否かというのはその医療機関の誠意でしかありません。医療というのは結果に対して保証するわけではありません。眉毛下切開という治療をおこなったということがポイントであり、治療をおこなった以上、治療費用は正常に請求するというのが一般的です。結果に満足できない、失敗したからといって返金の義務は一切ありません。

眉下切開の傷が心配です。どれくらいで落ち着きますか?
一般的に眉下切開は5日から7日後に抜糸をおこないます。抜糸後から1,2カ月は傷に赤みが残っている状態になります。赤みについては個人差もあり、さらに数カ月続く人もいるようです。しかし、最終的には赤みは消失して白、肌色に落ち着きます。赤みのある状態は紅斑とも呼ばれ一般的な経過であり誰でも起こりうるものです。その紅斑が残っている状態は医学的には炎症が続いている状態と考えられています。ただし、瘢痕の場合もありますので気になる場合は主治医に相談しましょう。
必要に応じて傷跡形成などの治療を受けることができる場合もあります。

家族に内緒で眉下切開を考えています。気が付かれずに手術を受けることはできるんでしょうか?
眉下切開は眉の直下に切開線があります。手術後から糸が見えている状態ですので一緒に生活を共にしている家族にバレずに手術するということは基本的には不可能です。
旅行などで長期に外出するなどであれば可能性はありますが、基本的には無理ですね。目のたるみを取る治療ですから家族とよく相談をして眉下切開を検討されてはいかがでしょうか。黙って手術を受けて事後報告で上手くいったというケースは少ないです。安易な治療は絶対に避けましょう。
クリニックによっては透明の糸で縫えば大丈夫!といういい加減な医者もいます。そういった嘘に騙されていけません。技術を伴わない不誠実な医者は無責任なことしか言いません。手術の結果も決して満足のいく仕上がりにはならない可能性が高くなります。そんな責任感のない医療機関の選択はなしです。

眉毛下切開は美容外科によって仕上がりの違いというのは本当にあるんですか?あるとすればどういった違いが出るんでしょうか?
眉下切開に限ったことではありませんが、美容整形の手術は同じ術式であっても医者のデザインと技術ひとつで仕上がりに大きな違いを生じます。そのためクリニック、医師選びと言うのが非常に重要なポイントになるんです。
具体的な違いですが、仕上がりの傷の状態も違ってきますし、目のたるみの皮膚の切除量の違いによって仕上がりが自然か、もっとたるみが取れたんじゃないかなどいくつも違いを生じます。切除量が少ないのであればサ再度皮膚のたるみを取れば済みますが、取り過ぎてしまった場合は不自然になってしまいまし、修正が非常に困難です。切除量のバランスが医者の経験とセンスに大きな違いを生じると考えて良いでしょう。

眉下切開と眉毛下切開の違いはありません。同じ手術のことを言います。眉の直下を切開してたるんでいる皮膚を切除して目のたるみを解消する手術です。
眉下切開というのは眉の直下を切開して目のたるみを取る手術です。そのため眉があれば毛と皮膚との堺がごまかされるため傷は目立ちませんが、眉が薄かったり眉が途中で無い状態ですとなにもないところを切開するのと同じことになるので返って傷が目立ちやすくなってしまいます。もちろん、メイクで眉を描けば良いのですがスッピンの時は気になってしまう可能性が高いです。

そんな時は…
そんな眉の状態だったら絶対にお勧めするのがアートメイクによる眉のメイクです。アートメイクはスッピン時でも取れることはありませんので眉下切開の傷も目立たずより自然な美しさを手に入れることができるんです。眉下切開とアートメイクの組み合わせは非常に良い選択と言えるでしょう。

元々眉毛が薄いのと、途中でありません。眉下切開でなにか不都合はありますか?
一重まぶたの状態を変化させずに目のたるみを取ることができる。それが眉下切開の最大のメリットです。上眼瞼切開と呼ばれるまぶたのライン上を切開する手術は奥二重にすることはできても一重まぶたのまま仕上げることはできません。少なからず二重まぶたに仕上がってしまいます。 眉下切開は確実にたるみを取りますが、一重まぶたはそのままなので整形したという印象を与えずに自然なたるみ取り、若返りができるのが大きな特徴なんです。

一重まぶたですが、二重まぶたにはしたくありません。でもたるみは取りたいんです。
一重まぶたの状態を変化させずに目のたるみを取ることができる。それが眉下切開の最大のメリットです。上眼瞼切開と呼ばれるまぶたのライン上を切開する手術は奥二重にすることはできても一重まぶたのまま仕上げることはできません。少なからず二重まぶたに仕上がってしまいます。 眉下切開は確実にたるみを取りますが、一重まぶたはそのままなので整形したという印象を与えずに自然なたるみ取り、若返りができるのが大きな特徴なんです。

一般的な目のたるみ取りの手術を眉下切開とではどういった違いがあるんでしょうか?
一重まぶたの状態を変化させずに目のたるみを取ることができる。それが眉下切開の最大のメリットです。上眼瞼切開と呼ばれるまぶたのライン上を切開する手術は奥二重にすることはできても一重まぶたのまま仕上げることはできません。少なからず二重まぶたに仕上がってしまいます。 眉下切開は確実にたるみを取りますが、一重まぶたはそのままなので整形したという印象を与えずに自然なたるみ取り、若返りができるのが大きな特徴なんです。

関連記事

  1. 二重まぶた

    マスク習慣になるこれからの生活様式に必要な”美”

  2. 目頭切開

    目頭切開

  3. 二重まぶた切開法

    切開法(上眼瞼切開)

  4. 目尻切開

    目尻切開

  5. 名医

    眉毛下切開を受けるならココ。技術力の高さ、仕上がりの美しさに定評ある眉毛下切開の名医。

  6. グラマラスライン

    グラマラスライン

  7. 埋没法

    腫れの少ない二重瞼の形成術「埋没法」

  8. 二重まぶた

    二重まぶた

  9. 切開法

    切開法(小切開)

  10. 二重まぶた

    二重まぶたの美容整形で大切なこと

  11. 名医

    目頭切開の名医、安心して治療を受けることができるお勧めクリニックをご紹介。

  12. 名医

    埋没法を受けるならココは外せない。埋没法の名医、お勧めクリニック